Loading…
 

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術  高橋政史

4844371215

クロスメディア・パブリッシング
Amazon

以下、ざくっと(ざくっと過ぎ)、まとめました。

「再現性」のないスキルは、なんの足しにもなりません。
そこで本書では簡単に実践できるフォーマットを用意しました。

整理するために、紙に書く。

1 見通しを立て、
2 モノごとをカテゴリー分けして、
3 それぞれの重要度を量り、
4 最後にいらないものを捨てる

これさえできれば必ず整理できるようになる。
この基本の考え方をおさえた上で、
本書で紹介する「型」を使うとより有効です。


「Sの付箋」
以下の5つ付箋を使い、仕事の要素を分ける。

「誰の?」
「何が?」
「どのようにして?」
「どうなった?」
「で、要は何がいいたいのか?」

これをすることで、3つの「S」が見えてくる
・「Solution(問題解決)」
・「Story(物語)」
・「Simple(シンプル)」

「16分割メモ」
ノートを見開き16マスに分割して、アイデアを書き出す。
左上のボックス一つは、テーマと日付を記入する。
1テーマに一枚(つまり15のアイデア)
アイデアを一覧できる。
フレームがあると、アイデアが出やすいという利点が。

枠を作るときは色をつけるのがおすすめ。
著者は「水色」か「うすい緑色」にしている。
枠があまり気にならないように。

枠は16分割にこだわらず、32分割や64分割でもOK。

(2015.11.14)
近頃、ノート術の本を読み漁っています。頭の中が常にもやもやしているので、書くことでスッキリしたいと思ったのが発端。ただ書きなぐるのでなく、書くことで発展があるといいなと。文章を書くのは好きですが、こういうアイデアや問題解決実践の書き方は全然、別のものですね。出来る出来ない、成果が出る出ないはおいといて、面白がって読んでいます。私には難しく感じますが、ゲーム感覚で楽しみつつ書くといいのかも。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2680-b42bd32f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術  高橋政史
  • 2016年03月11日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***