Loading…

じぶんのための子守歌  工藤直子

Posted by 彩月氷香 on 03.2016 詩・俳句   0 comments   0 trackback
456981140X

PHP研究所
Amazon

読んでから時間が経ち過ぎて。
内容が思い出せません・・・
以下、読後のツイッターでのつぶやき。

工藤直子「じぶんのための子守歌」読了。雨粒の向こうの虹を見ているような、ただ晴れやかなばかりではない、でも飛び切りキラキラしている、弾む言葉たち。その明るさが空々しくなく、でも回りをメゲさせるような別次元の輝きでもなく、どん底にいる時の私でも持っているかも、という身近に感じる光。 

「こころは ひとりごとで埋まっている」工藤直子さんの詩の一節。悩みだとか、苦しみだとか、見栄だとか、後悔だとか、迷いだとかで心は埋まっていると思いがちで。いえ、実際その通りなわけだけれど。それらをひとくくりに「ひとりごと」と言い表してしまうと、何だか少しホッとする。

「はい」と「いいえ」のあいだに 100万の 虹色の 答えがある・・・これも工藤直子さんの詩の一節。「はい」と「いいえ」を白黒で言い表して。その間は「灰色」と呼ぶのが通常だと思うのだけれど。そして白黒つけるのが苦手な私は「灰色」養護派だったりしたのだけれど。灰色でなく、虹色!素敵。


(2015.8.30)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2701-99b51a91

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • じぶんのための子守歌  工藤直子
  • 2016年01月03日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***