Loading…
 

ディーン牧師の事件簿  ハル・ホワイト

4488220037
創元推理文庫
Amazon

残念ながら。もっと読みたい!とはならないんだなぁ・・・。悪かない、悪かないんですよ、でもなぁ。ミステリに関しては贅沢になっちゃってるのかもしません。そこそこな感じ、というのだと、もういいや、ってなっちゃう。

とびっきりのミステリーを読みたいんです、ハイ。もしくはそうではなくても、世界感や雰囲気が大好き!っていうタイプのが。娯楽だからこそ、極上の娯楽が欲しい。

だって、そもそも、死人ばっかり登場するっていうのがおかしいんだし。しかも、殺され方が凝りに凝っているとか・・・ それが楽しめちゃうのは何でなんだろうなって改めて考えると疑問。謎だとか推理だとか言っても、私、別にトリックにさほど興味なかったりする。

ミステリを楽しんでいる気持ちの中の大半は。この不自然な形態の小説を「それらしく」作り上げるために、人物や情景の描写を丁寧に積み上げているところにある・・・たぶん、私の場合は。だから。そこのところが楽しめない時には私にとっては名作ではないのだと思う。

その点、本書が惜しいというのは。単に、主人公の牧師のキャラが私にはヒットしなかったというのが大かもしれない。いや。雰囲気がどうのこうのと言ったけれど。トリックがあり得ないほどに凝り過ぎているところと、それを推理できちゃう牧師の推理力とに、納得できずにいる気もする。

結局。面白さというのは。どこか理屈でない部分があるものなのだ。

(2015.11.13)
凝ったトリックが好きな人は楽しめると思いますし。
私もボチボチ、楽しんだことを付け加えておきます。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2711-edc030e9

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ディーン牧師の事件簿  ハル・ホワイト
  • 2016年04月17日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***