Loading…

つぶやき集 番外編 1

Posted by 彩月氷香 on 06.2016 つぶやき集   0 comments   0 trackback
自分の眼で自分を洗う、そんな気持ちで。素直過ぎない素直さで。飾らないけれど、感情をありのままに吐き出すことはせず。静かに言葉を紡ぎたいと思います。

外側から照らしても。闇に沈んだ心は救えない。内側から照らさなければ。光を生み出さなければ。小さくても、借り物ではない明かりを。

静寂の音が、また聞えるようになった。心の中の冬景色は厳しいけれど美しい。突き刺さる冷気に凍えても、澄んだ空気に洗われた風景に慰められる。

冷たい風が運んでくるもの。冷たい風が吹き飛ばすもの。前者が突き刺さり、後者が名残り惜しい。けれど風の去った後、今よりも身軽な私になっているだろう。

上がったり下がったりを短いスパンで繰り返して。ギザギザを描いていた気持ち。今も上り下がりは続いているけれど。上がる時も下がる時も急角度ではなくなって。ゆるやかな波に近づいて来た。

痛みから生まれるものが。哀しみから祈りへと移りつつある。

ツイッターはやめたのです。去年の秋に。
ただ辞めるよりだいぶ以前に別のアカウントを作っていました。

そちらはたまにしかツイートしていなかったので。
敢えて廃止することもなく、放置状態で残されています。

遠からず消すことになるのでしょうけれど・・・

今まで私のつぶやき集を愛読して下さっていた方のために。
いえ、消してしまうのは少し名残惜しい自分のために。
ここに、移転させておこうと思います。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2730-78fa7cd1

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 番外編 1
  • 2016年02月06日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***