Loading…
 

閑な読書人  荻原魚雷

4794968957

晶文社
Amazon

ダーッと書き抜いた引用とメモです。私自身のための記録ですので、何のまとまりもありません。ごめんなさい。

想像力のためには適切な空腹が必要なのかもしれない。

世の中には、あんまり儲かっているようには見えないけれど、潰れない店がある。そのころの自分はそんなふうなかんじで食っていけないかなあと考えていた。

それでも自由業の世界では、会社員だったら欠点にしかならないような怠惰さや金銭感覚の欠落も、ほめられはしないが、それによって全否定されることはない。

 私は毎日ものを買いに出るんだけど、私の住んでいる岩倉で、同種のものを商っているうちが三軒か四軒ある。そうすると、自分の足が向くのはそのうちの一軒ですね。なぜ、その一軒を選ぶかというと、別に長話をするわけではなくて、二言三言なんだけど、そこへ行くとだんだん元気が出てくるような人がいる。つまり、人生の応援歌みたいな感じがする人がいるでしょう。言葉に花があって、それがおまけなんだよね。机の上で経済学者商行為といってとらえているのとはちょっと違って、やりとりがあるわけでしょう。
 
 自分の内部が空洞化しているかもしれないと不安になったときも、ジタバタ焦るのではなく、逆にのんびりしたほうがいい。
 もしかした空洞というか心の空き地みたいなものがあるくらいでちょうどいいのかもしれない。

 わたしも日々の仕事や生活を送っているうちに、「自分の生地」が磨り減っていくような不安をおぼえる。ずいぶん磨り減らしてしまったなあという悔恨もある。
 それでも一読者としては、「自分の生地」を守りぬいているような人の作品に触れたい。
 詩でも文章でも、その人ならではの「生地」、あるいは「初期の詩精神」のようなものが失われてしまった作品はどこかものたりなくおもえてしまう。

 おもしろいものを探すのと同じくらい、ちゃんと何かをおもしろがれる状態を作ることが大切なのだろう。

 「辛さ」や「鬱屈」をストレートに吐露するのではなく、小説の中に溶かし込み、ふくらみをもたせる。

 働かなくても食べていける“本隠居”はむずかしくても、「晴れ時々隠居」であれば、会社勤めしている人にも不可能ではない。
 休日、あるいはその日の仕事が終わったら、のんびり隠居然として過ごす。
 隠居の価値観で生きるといってもいい。
 とくに予定をつめこみすぎないことはすごく大事だ。一日のうちに、あれもこれもやろうとすると、忙しくなりすぎて、余裕を失う。
 隠居の立場からすれば、年収が多い少ないとか家が大きい小さいとか、どうでもいいことだ。
 いかにのんびり、その一日をすごせたか。ひと手間かけて、ちょっと贅沢な気分を味わえたか。いかに自分の時間を楽しむか。そこに隠居の価値はある。
杉浦日向子

 「濁貧」に遊ぶ。何の役にも立たないことの趣味や研究に一生を捧げる。世の中の基準ではなく、自分にとって大切なことに時間をかける。

 「私は人間の最上の徳は、人に対して上機嫌で接することと思っている」

 「人生は木のようなもので、まっすぐに伸びた幹だけの木よりも、枝があちこちに伸びている木のほうがおもしろい」

 言葉は道具として不断に手入れをされ、だいじに取り扱われ、使慣らされることで仕事を手早く進め、仕上げを整えるものだった。
 その人の使っている言葉と言葉に対する態度で「人」は評価された。
 なぜなら道具には個人の経験を超えた摩滅と洗練と修復を生抜いた形があって、それが深い共感を伝えるから。

 無用とおもわれるものをどんどん切り捨ててしまうと、味気なくなるというか、息苦しくなる。

 本を読むということが、読んだ人間に残す痕跡というものは当人の自由にはならない。自分が必要だと思ったり、読むべきだと思って一生けんめい読んだ本が、その人間に対して必ずしも力を持つとは限らないと思う。(中略)反対に、何気なく手にとって読んでしまったもの、あるいは、好きだ、ということに気づかないでいて、しかし無意識にひきつけられて読んでしまったものが、あとで意味を持って自分自身に働きかけていることがあり、しかもそれにずっとあとになってから気づくということもある。

 狭くなることを洗練と錯覚し、わからないものをわからないままぼんやりと受け止めることができなくなる。

(2016.3.10)
私、この人の感性と文章が好きです。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2774-98702538

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 閑な読書人  荻原魚雷
  • 2016年08月02日 (火)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***