Loading…
 

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条  小川糸

2016.08.04 暮らし   comments 0
4062196778

講談社
Amazon

感想っていうか、メモ(近ごろ多いパターン、すみません)。
特に珍しいことは書いていませんが。
私が心掛けたいと思っていることが多かったので参考になりました。

ほんとにねぇ・・・インプット情報が多過ぎて疲れてます、私。



自分だけの「買う基準」を持とう。

糸さんの場合、「服は素材とブランドを決める」

ものを使うことは、ものに対して責任を持つということ。
あまり使わないかもしれないもの、うまく使いこなせそうにないものは家に持ち込まないように心がける。

家に持ち込むとと決めたものとはできるだけ長くつきあう。おつきあいを長く重ねるには、「大事にしたい」と思えるもの、そして「大事にできる」と自信を持てるものを吟味する必要があります。

鳥居醤油店の「杉桶天然仕込醤油」
白扇酒造「三年熟成みりん」
赤塚商店「若宮みそ」

ラトビアの毛糸のミトンを鍋つかみに。

朝起きてすぐに好きなお茶を飲む。寝る前に5分だけストレッチする。ちょっとしたことでいいから、できれば決まった時刻に何か習慣をつくることができたら、毎日心をリセットできるのではないでしょうか。

ブック型ブックライト「Lumosf」・・・これ、ちょっと欲しいかも。

 インプットする情報が多過ぎると五感はくたびれて、感受性も弱くなってしまうのではないでしょうか。テレビやインターネットのように、つい時間を忘れて没頭してしまうようなものは特に上手につきあう知恵が必要ですね。
 暮らしの中で、とりわけ時間を費やすものや没頭しやすいものがあるとしたら、それとどのくらいの頻度でつきあっていくのがベストなのか、一度自分自身と相談してみるといいかもしれません。

「感覚」というのは、持って生まれる部分もあるのでしょうが、私は「経験しながら磨く」という部分が大きいと思っています。
 だから、できる限り、自分の感覚を育ててくれそうな体験は積極的にしていきたいと心がけてきました。質のいいものに触れておくと、もののよしあしを判断する“基準”のようなものが持てるようになると思うからです。
 そこで、できるだけ“一流”といわれるものを選びます。

 どこかの誰かではなくて、自分にとって大切なものを手放さなければいい。

 情報からあえて「離れる」という決意。リアルな世界を見る楽しみを満喫したいから、これからも私は「ケータイなし」の生き方を貫くだろうと思います。

 少ない友人と丁寧につきあう。

 世の中が進むスピードは速いため、無意識に過ごしていると、たくさんの「ひと」や「こと」との出会いが押し寄せてきます。上手に制限をかけなければ、本来エネルギーと時間をかけるべきところに向き合えなくなってしまいます。
 どうしたら自分のリズムが保てるか。考えた結果、私は自分の生活リズムに明確な“ルール”を設けることにしました。

 「金曜日の〇〇時以降は予定を入れない」「昼休みはメールを開かない」などルールを。
 大事なのは「自分で自分のリズムを守っている」という感覚を持てるかどうかです。その感覚があるだけで、気持ちが落ち着きます。

 好き、嫌い、心地よいか、よくないか。つまり自分の感覚を信じて、自分の好きなもの、ひと、ことに囲まれて暮していきたいという欲求にエネルギーをかけてきた。

(2016.3.9)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2779-6aaa2d29

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条  小川糸
  • 2016年08月04日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***