Loading…

世界で一番美しい色彩図鑑  ジョアン・エクスタット  アリエル・エクスタット

Posted by 彩月氷香 on 12.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4422700952

創元社
Amazon

緑青を存分につかったマギ礼拝堂のフレスコ。ベノッツォ・ゴッツォリ作。
これがとてもきれい。

蝶は色を見分ける力は人間より優れているのですって。蝶の目に見える世界はきっと、万華鏡のようだろう・・・って蝶の目になってみたいなぁ。

アメリカカブトガニは血液が青い。これは人間の医療に役立っているそうです。血液採取が終わると海に返され、85パーセントが健康な暮らしを取り戻すと言われている。ふーん。でも・・・15%は・・・?

ずらっと並んだカブトガニが血液採取されている写真がありますが、瓶に溜まっている血液がホントにきれいなブルーなんです(銅を含むらしい)。

人間は昔から、いまと同じだけの色が見えていたわけではないというのも衝撃。

時代のパレットという項目で、ポンペイやメキシコ、インド、スウェーデンなどのそれぞれのイメージの色を載せたページがあったのですが、私がとりわけ惹かれたのが、「イギリスのヴィクトリア朝」。モーブ色(藤色)とアンティークローズ、ヴァイオレット、黒に近いグレーに深いグリーンというパレットです。好きな色ばかり!

とても綺麗な写真たっぷりで楽しい図鑑だった。持っておきたいかも・・・

(2016.3.17)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2780-a0d7b895

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 世界で一番美しい色彩図鑑  ジョアン・エクスタット  アリエル・エクスタット
  • 2016年08月12日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***