Loading…

つぶやき集 番外編 9

Posted by 彩月氷香 on 08.2016 つぶやき集   0 comments   0 trackback
詩の一節に見つけた、カスパー・ダーヴィド・フリードリヒの「窓辺の女」をネットで検索する。この便利さを後ろめたくも感じながら。きっと昔ならすぐには出会えなかった絵を一瞬で見つけられてしまうことを素直に喜んでいいような気がしないままに。この絵の実物をいつか、見てみたい。

知っている言葉はたくさんあるはずなのに、その大半を使えない自分を哀しむことがある。書くのは向いていないんだなと。そして描くのも向いていないし、作るのも編むのも縫うのも切るのも向いていない。要するに創るのが向いてないと不貞腐れる。それから、向き不向きなんて、と開き直る。

正しさよりも美しさを尊ぶことが物心ついた頃から当たり前になっていたから。美しいものを生み出せないのなら、やる価値がないと思ってしまう傾向がとても強い。自分が作るものは何をやっても「美しい」に遠く、すぐに挫けてしまうのだった。そして、挫けているけれど諦められないでいる。

くるりくるり、ひらひらと。風で心が翻る。動かずにいる時の方が楽だけれど。揺れているときの方が心に触れる景色が多彩だ。そよ風がいちばん好きだけれど。強風も吹くし、舞い上がる風もあるし、吹き下ろす風もある。風を敵と思わずにいられますように。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2811-8dc6a5cb

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 番外編 9
  • 2016年07月08日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***