Loading…

つぶやき集 番外編 12

Posted by 彩月氷香 on 05.2016 つぶやき集   0 comments   0 trackback
夏の昼ご飯は素麺が多いので。少しだけ目先を変えようと思い、そうめんつゆに酢とごま油を一匙ずつ落し、生姜のすりおろしも混ぜて、ぶっかけてみた。具はトマトと胡瓜と錦糸卵と白葱の微塵切りとすり胡麻。さっぱりした冷麺みたいで美味しかった。大葉とかツナを載せても良かったかな。

「素うどん」というのは普通に全国区で通用すると思ってた。他には最近「ずんだれる」が誰にも通じないことに衝撃を受けた。調べたらどうやら九州弁らしかった。でも九州の人間は我が家にはいない・・・。母と話していて。どうやら母が子育て中に懇意にしていたお隣りさんが九州の人だったらしい。

お隣さんの九州弁を一部、知らず知らずに頂戴していたらしいのだ。母は関西弁なのだと思っていたのだと言う。(母は関東人)でも。「ずんだれる」を幼い頃から普通に使っていた私としては。これを他の何で言い表せばいいの?と途方に暮れてしまう。「ずんだれる」は「ずんだれる」としか表現できない。

23年ぶりに会った従兄弟。歳は同じ。生まれ月が二ヶ月ほどしか違わなくて、でも早生まれの私が学年が一つ上。思ったより変わってはいなかった。もう無くなってしまった祖父の家を思い出した。夏休みの思い出の場所。遺産相続で揉めた末に壊されて、その跡地には建て売りの家が5軒建ったという。

他人よりも。遠ざかっていた親戚との会話は疲れる。懐かしいと感じるには時が経ち過ぎていた。共有している記憶も少しはあるはずだけれど。それを確かめる術もない。でも。確かに私にも子供時代があったことを思い起こせる鮮やかな思い出はあの祖父の家に眠っている。それが少しだけ揺り起こされた。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2857-a5ea5c36

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 番外編 12
  • 2016年09月05日 (月)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***