Loading…

蒲公英草紙  恩田 陸

Posted by 彩月氷香 on 29.2016 恩田 陸   0 comments   0 trackback
4087462943
集英社文庫
Amazon

 私は、世界はもっと劇的なものだと考えておりました。ひとつの激しい流れのようなものがあって、そこに投げ出されたり、飛び込んだりするというような。
 けれど、実際のところはそうではないのです。いつのまにか、ひとは目にみえない流れの中にいて、自分も一緒に流れているので流れの速さを感じることができないのです。
 そして、世界は一つではなく、沢山の川が異なる速さや色で流れているのでした。見たこともない川、流れているのが分からないほどゆったりとした大河、またはちょろちょろと茂みの陰を流れる支流や、ひっそりと暗渠を流れる伏流水、などなど。
 彼らはどうやらそういう流れの一つらしいと私は気付き始めてちました。彼らは、私たちとは異なる川で生きているのです。

 聡子様の聡明で曇りのない輝きが空気を満たし、世界が透き通っていきます。何とも言えない清々しい、明るい気持ちが胸に溢れだします。私はうっとりしました。
 そうだった。このひとはこういうひとだった。向き合うと綺麗な光に照らされているような気がして、恥ずかしいくらいだった。

「光の帝国」に続く常野一族シリーズ二作目。
わぁぁぁ。前作以上に「恩田陸らしくない」。

ナニコレ。普通に泣けるんですけど。
めっちゃ、王道なノリ・ストーリーなんですけど。
なにしろ素直すぎるじゃありませんか!

でも。好きです。だから好きです。

こんな万人受けしてしまう物語を書いてしまうなんて。
恩田陸らしくないぞとちょっと腹を立てつつ。

「いい話」過ぎて、なんか鼻白む・・・いやそれは言い過ぎ、
でもちょっと凡庸に感じるよな・・・やっぱり。
ああだけど。素直にしんみりと感動したのだから、それで良し。

とか言いつつ、読者を素直にさせない恩田陸(笑)。

どうしても「まとまり」を欠いてしまう傾向にある彼女にしては。
なんか、やたら「ちゃんと」纏まってるんですけど!

私にとっては恩田陸の小説はいつも何か納得いかなくて。
それが標準になっちゃってると、こういう作品は調子狂う。

言い出せば、なんか、ほら、もっと、こう・・・
何かがどうにかなりそうな・・・とか。
うーん。あ。そうだな。
病人の描き方はちょっとアレだなと思ったりはする。

不自然、までは行かないのだけれど。
ファンタジーな病人だなって。うん。リアリティ薄いのよ。
まぁ。でも、そういう儚い病人もいなくはないのかも。

ていうか。そもそもファンタジーなんだからエエんよね。

ははは。何故だか難癖つけたくなってくるけども。
まぁ。好きなんですよね。
目立つ瑕疵があっても許せてしまうのは恩田陸ならでは。

いつ読んでも、ちょっと不思議な作家だと思います。

(2016.7.7)
恩田陸さん関係の記事が面白かったので貼っておきます。

作家の読書道 弟36回:恩田陸さん
大賞作家恩田陸さんが副賞10万円で購入した本 2005年本屋大賞

上記の記事を読んで思うのは。
乱読家としてはほんと、私と傾向似てますねー
挙げてらっしゃる本、全部読んでますもん。
あ、漫画は別です。私、漫画はあまり読んでない。

たまたまかもしれないけれど。
恩田さんの挙げてる本は「ザ・エンターテイメント」で。
私、そういうのが心底好きなんだろうなと今更に実感。

でも。万年文学少女の気概も持ってます!
ふふふ。そのうち、文学老女になってやるのだ。

(すみません。本の感想になってなくて)

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2865-8d470660

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 蒲公英草紙  恩田 陸
  • 2016年09月29日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***