Loading…

逆引きでわかる色鉛筆の技法書  河合ひとみ

Posted by 彩月氷香 on 22.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
441631017X
誠文堂新光社
Amazon

あなたの上手に描けない理由がずばり解決!・・・と副題にあります。実例が載っているのでわかりやすい。生徒さんの失敗・・・スミマセンええっと、イマイチな作品を先生が手直しするというスタイル。

ビフォーアフターでその差は歴然。私なんてビフォーの絵よりさらに下手くそです(涙) でも失敗の傾向は似ていて。塗り過ぎている、塗り足りない、陰がおかしい、質感が出ていない・・・ああ、とてもとても思い当たる症例。

河合ひとみさんの絵は繊細でリアル。ビロードのリボンの艶など感心してしまいます。正直・・・リアルに綺麗過ぎて、面白みがない・・・とか負け惜しみ的感想を吐いてみたり。塗りあとを残さない、輪郭を描かないという辺りが到底真似できそうもないというか。

輪郭ばっちり、塗りあとガシガシの絵も、私は好きですよー

だけど、描く対象の特徴や素材感を捉えるのは、やっぱり大事だよね。ちょっと手を加えるだけで、こんなに違うんだなぁと実感します。

キメルところをキメルって必要だなー。それには技が必要だなー。

(2016.7.24)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2893-26d30372

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 逆引きでわかる色鉛筆の技法書  河合ひとみ
  • 2016年10月22日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***