Loading…
 

大人の美しい一筆箋活用術  亀井ゆかり

4885742757
東京書店
Amazon

一筆箋くらいがちょうど良い

書き方、添え方、選び方・・・と副題にあります。

あ。この頃、私の中で一筆箋がブームだったのですよ。

私の少ない長所が「字が綺麗」なことでして。
文章を書くのも大好きでありまして。
当然の結果(?)、手紙を書くのが得意なのですが。

それはあくまでも気を遣わない友人の場合で。
拝啓から始まるような儀礼的な手紙は苦手。
長々と書き過ぎるという悪い癖がありますし・・・

というわけで。
お礼の言葉が必要な時は、一筆箋で!と決めました。
葉書でも良いのですが、やはり封筒に入れたいのです。

ふむふむふむ。
事例がいっぱい載ってるので、参考になります。

で。判明したこと。
やはり言葉を切り詰めてみても、長くなる私・・・
「一筆箋は余白を多く」という注意書きに反して、
黒々と文字をぎっしり書いてしまいがちなのでした。

もっと、さっぱりと書くようにしたいです。

あとですね。私、縦書きが苦手(汗)。
文字単体はバランス良く書けるのですが、
熟語→文章と長くなるにつれ、中心線のブレが目立ちます。

その点、一筆箋はあまり長くならないので良いですね。
ひとこと書くのに、このくらいのサイズが適度だと思います。
葉書より、格好もつけやすい気がします。

(2016.7.20)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2901-219b59b5

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 大人の美しい一筆箋活用術  亀井ゆかり
  • 2016年10月29日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***