Loading…

渚にて  ネヴィル・シュート

Posted by 彩月氷香 on 09.2016 ネヴィル・シュート   2 comments   0 trackback
4488616038
創元SF文庫
Amazon


人間性への、美しくも強い信頼。

人類がもしも滅ぶなら。それはきっと今までも書き尽くされ、数多の映像でも描かれたように、自らの愚により迎える終焉なのだろう。本書でも、その点は変わらない。核戦争の放射能で全人類が死滅するというお定まりの展開。

しかし、このように静かに終わりを受け入れる姿は想像したこともなかった。滅亡間近の人々の暮らしぶりは恐怖と哀しみを背景に持ちつつも、牧歌的とさえ言える穏やかさで。私は知らず知らず、どうかこの人たちを救って下さいと祈る気持ちで読み続けていた。

実際には、あと数ヶ月後に全てが終わりますと宣告されたならヒトは狂乱状態になるだろう。吐き気を催すほどの人間性の醜悪さが続々と露呈するのだろう。

だから、この作品の登場人物たちの姿に驚き、驚きつつもそれがあり得るかもしれないと感じたことで、不思議なほど心が癒された。それぞれの流儀で大切なものを守り、最期を迎えようとする人々の行動の尊さに涙が止まらなかった。

「どうせ終わりなのだから」と思ってしまえば、どこまでも落ちて行くしかない。終わることを頑なに信じないのは逃避でしかない。終わるとわかっていても、現在も過去も未来も捨てずにいることが人間の尊厳を守り、精神の平衡を保つ唯一の道なのだ。

たとえ先が短くても今を楽しみ、失われたものと知っていても過去を慈しみ、実現できないとわかっている未来の夢も封じずにいる・・・そんな奇跡のようなことを人間の精神は成すことができる。少なくとも、この作品はそう語っている。

著者のネビル・シュートは信じていたのだろうか。それとも信じたかったのだろうか。人類が滅びの時も気高く美しく純粋な心を持ち続けていられるということを。

私は信じることはできない。けれど、もしもの時の自分を支えるために、この本の中で出会った人々の姿を忘れずにいたい。そして作者が人類に注いだ信頼と愛を贈り物として胸に大切にしまっておこう・・・ずっと。

(2016.8.12)
「パイド・パイパー」を読んだ時も感じましたが。ネビル・シュートという人の作風は、静謐で透明感があります。テーマは重いけれども、声高に語りません。その筆致と世界感が私はとても好きです。ただ、静けさゆえになおさら恐怖や哀しみの浸透度が深く、ほんとうに一つの世界が滅びてしまったような衝撃が長く尾を引きました。
関連記事

コメント、お久しぶりに失礼致します。ネビル・シュート?と記憶に引っ掛かっていたところで、随分と前に積んでいた「アリスのような町」に思い至り、読み始めようと思うキッカケになりました、有難うございます(笑)

>静謐で透明感があります。テーマは重いけれども、声高に語りません。

「アリスのような町」もそんな感じなのか検証がてら楽しみたいと思います。
2016.11.11 02:44 | URL | medeski #JalddpaA [edit]
おひさしぶりです。お元気でらっしゃいますか?

「アリスのような町」・・・あ、読んでません。絶版なんですよ。
でも、今調べたら図書館にはありました!私も近々読んでみたいと思います。

題材的には苦手そうな雰囲気もありますが(がっつり恋愛物?日本軍の悪行?)、好きな作家さんですし、なにしろ翻訳が少ないので・・・貴重な一冊です。教えて頂いてこちらこそありがとうございます。

ネビル・シュートの小説って思えば大体、極限状態というか危機的状態というか、戦時下に追いつめられている人物が主人公で。だけど、そんな中、心の背骨を曲げずに生きていく姿に励まされるんですよね。

またどうぞ、遊びにいらしてください。
2016.11.12 08:53 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2911-7f475e09

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 渚にて  ネヴィル・シュート
  • 2016年11月09日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***