Loading…
 

つぶやき集 番外編 15

少し真面目に。ゆっくりと丁寧に読書の感想を書く。時間をかけて読んだ本を反芻する。面倒がって読み飛ばし、読み捨てしていた近頃を今更に惜しむくらい、幸せな時を過ごした。「考える」ことはずっとずっと私の好きなことだった。なぜ考えることを辞めていたのだろう。「時間がない」は言い訳だ。

考えるために立ち止まる時間が惜しかった。いいえ、時間ではなくて。その時間を味わえるだけでの気持ちの余裕がなかった。考え始める前に、考えるということが重く思えた。立ち止まらず通過して、横目に眺めるくらいがちょうどいいような気がしていた。

考えないということは感じないことでもある。響いてくるものがなくて。日々、どんより濁った感覚が察知する、ぼんやりとした快・不快のみが身を取り巻いていて。時々、ぴかっと光るものの気配くらいは受信するのだけれど。掴もうとはせず、流れ去るままにして・・・ほんとうに毎日がつまらない。

つまらなかった、と。過去形で言えるように。「考える」ことが何かを変えるわけではないから・・・などと逃げずに、まず考えよう。「考えるべきこと」などと狙いを定めることなく、自分が過ごしている時間の中で起こる一つ一つの何気ない出来事や気持ちについて。ただ日々を楽しむために。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2918-5472bc44

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 番外編 15
  • 2016年11月18日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***