FC2ブログ
Loading…
 

天地明察  冲方 丁

2010.07.09 冲方 丁   comments 0
404874013X
角川書店
Amazon

話題の本をスルーしがちな私。
珍しくタイムリーに今年度の本屋大賞を読んでみました。
実は苦手とする時代小説ということもあり、
読もうという気もなかったのですが、
母が図書館から借りていたので、ま、読んでみるか、と。

まぁ。なんと読後感の爽やかなこと。
主人公の渋川春海の生き方、憧れです。
ひとつのことに打ち込んで生きる、
・・・真摯なのだけど、どこか飄々としてもいて。
この人物造型、好きですね。

江戸時代の暦作り、という物語の主軸に、
当時の囲碁の世界、算術の歴史、武士の社会が絡んで、
世界観に程良い広がりが感じられます。

印象に強く残る、魅力的な人々もたくさん登場して、
飽きることなく、しかも快く読めます。
なんとも精神の健やかさに満ちた小説です。
そこを疵ととる人もいるかもしれないような、
最近見かけなくなったような健全さ、を感じます。

天文学・暦学の知識に関しては著者に批判の声もあるそうで、
ええ、勉強不足な部分があるのかなと思いますが。
それで、この作品の価値が減るものでもないでしょう。

読んで良かったと心から思える本です。

(2010.7.3)
著者の作風に好感を持ち、もっと読んでみたいと調べてみたのですが、
他はヤング向けなSFとかファンタジーばかりなのですね。
どちらも私の得意分野(かつての)のはずですが、
バリバリにアニメ風な表紙が恥ずかしい感じです。
正直、角川スニーカー文庫は、さすがに手が伸びません。
ハヤカワ文庫JAで、まずはトライだな・・・




関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/292-476629c1
★★★★☆ 江戸時代前期の囲碁棋士で天文暦学者の渋川春海の生涯を描く。 江戸、四代将軍家綱の御代の下、ある計画が。 それは、日本独自の太陰暦を作り上げること-。 日本文化を変えた大いなる計画を...

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 天地明察  冲方 丁
  • 2010年07月09日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***