FC2ブログ
Loading…
 

新文章讀本  川端康成

4813321267
たちばな出版
Amazon

佇まいの美しさ。

数ある文章読本の中で、決して名高いとは言えない。
それも、そうかなぁと読んでみると思う。
つまり、地味なのだ。

文章読本というより、文芸評論として読んだ方がいいかも。
見識の高い、そして作家に対しての愛情の深い評論。

私はそういう目で見て、本書が好きだと思いました。

「よく読んでいる人」だ、と感心します。
やはり、その目はとても鋭い。

文章を知る、というよりも。
川端康成を知る、助けになる本だと感じます。

それは、川端康成に限らず、
三島由紀夫でも、谷崎潤一郎でも同じでしょう。

文章の書き方が書かれているわけではない。
彼らがどういう文章が理想と思うかが書かれている。

そして、文章について語る言葉に彼らの美学や、
才能や、性格や、得意不得意が見える。

まぁ・・・みな、天才ですけれども。

本書には川端康成という人の「勉強家」な一面が見えて。
でありながら、詩情が漂ってもいる。

川端康成という人は。
何といっても。私には「佇まいの美しい人」と見えます。
本作を読んで、その思いが強まりました。

(2016.9.8)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2922-64215f09

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 新文章讀本  川端康成
  • 2016年11月16日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***