Loading…

つぶやき集 番外編 26

Posted by 彩月氷香 on 02.2017 つぶやき集   0 comments   0 trackback
誰にでも「演技性」はあると思う。私は無意識の相手のモードに合わせてしまう癖が昔からある。話し方とか雰囲気が、目の前の人に似てくる。なのに環境が作り出す雰囲気には溶け込めない。そして嫌いな人のトーンに近づいてしまっている時の自分が嫌いだ。

もちろん、合わせられないトーンというのはあるのであって。けれども呑まれているというか引き摺られるというか、それで反発するというか。言葉や態度が攻撃的な人が何より苦手なのは、その人たちに攻撃されるからというより、攻撃されることで発動する自分の中の攻撃性が苦しいからだ。

普通に生活していれば寝たままの自分の攻撃性を起こすものは、何であれ、嫌い。そして同じ目にあっても、穏やかに流せる人もいるだろうにと哀しくなる。それにしても。攻撃的な人物が今、周囲に多過ぎる。

威張る人間とそれにへつらう人間が嫌い。でも、そのどちらかに大半が属している。どちらにも入らないで立っていることが困難な職場だ。もちろん、威張らず、へつらわずに人もいないわけはない。そういう人はひっそりと私にエールは送ってくれている。彼らは一人で立てる強さがあるのだ。

私も一人は平気なのだけれど。それでは仕事が出来ないので。うん。仕事がもうちょっと出来たら、威張られることもなくなる・・・というか減るだろう。最初よりは減っているものね。問題は仕事に関して教えを乞わざるを得ない人物が悉く威張り屋だということだ。

でも。結局。仕事のことで愚痴るのは。全ては言い訳になってしまう。腹立ち、怒りの後に行き着くところがいつも反省で。そのことにもいっそう疲れるのだろう。反省しつつも、そこに悔しさや憎しみが混じっているので。そういう感情に捕らわれている自分自身が厭で仕方ないのだ。

わたしは結局。「自分を嫌う」ことが一番、耐えられない。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2968-06f44aba

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • つぶやき集 番外編 26
  • 2017年02月02日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***