Loading…

似合う服がわかれば人生が変わる  ジョージ・ブレシア

Posted by 彩月氷香 on 24.2016 ファッション   0 comments   0 trackback
4799318020
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

ニューヨーク式のスタイリング?

ザ・王道!な着こなし術です。
きちんと感がありますね。
私は好きですが。フォーマル過ぎるかも。

定番アイテムも22、挙げてあるんです。
ノートに写したので、引用してみます。
(幾つか書き漏らしたみたいですが・・・)

リトル・ブラックドレス
クラシックなトレンチコート
運命のワンピース
ペンシルスカート
非のうちどころのないきれいめの黒パンツ
上質なカシミアのニット
究極のジーンズ
シルクのブラウス
完璧なカーディガン2枚(コンパクト・ロング)
黒野大きめのストール(カシミア)
上質な冬のコート
黒のヒール靴
ヌードカラーのヒール
完璧なTシャツ3枚
都会的なスニーカー
ゴールドかシルバーのフープピアス
最高のサングラス
ニュートラルなハンドバッグ
上質なブラジャー2枚

た、足ります? これで?
バリバリの都会暮らしの人向き過ぎません?

で。パーフェクト・クローゼットを目指しましょうと。
さて。パーフェクトクローゼットとは。

クローゼットの中身はすべて100点満点。
パーフェクトなアイテムでなければならない。
それ未満は認めない。

厳しい・・・

ちなみに。以下の項目をクリアするものがパーフェクトアイテム。

・ぴったりのサイズであること
・あなたがきれいに見えること
・あなたの長所が目立つこと
・弱点をカバーしていること
・健康で元気に見える色を一色は含んでいること
・清潔でパリッとしていること
・着ていると必ずほめられること
・着ていて最高の気分になること

む、難しい・・・

でもありましたね、昔は。
衝動買いした高価な服でしたが、いつ着ても気分が良く。
褒められ率が異様に高かったのです。

ちなみにウールジョーゼットのカットソーでした。
あと、コート類は私と相性が良いらしく。
春でも冬でも、コートを着ていると褒められます。
それに、自分自身もご機嫌なのです。

確かにどれもサイズピッタリで。
よく似合う色・形で。
私の少ない長所の「華奢さ」が際立つものでした。

近頃そういう服に出会えないのは。
服に対する熱意が冷め切ってるからでしょうか。

あと。「これは!」と膝を打った提言が一つ。
「買ってはいけないもの」リストを作る、というもの。
つまり、弱点のリストですね。

なぜか幾つも買ってしまうものとか。
見られたくないようなアイテムとか。
きっと、どなたにもありますよね?

私はカーキ色を禁止。似合わないので。
あと黄味の入ってるグレーも同じ理由で。
ダウンも無しにします。私らしくないので。
(コートであれ、ジャンパーであれ、ベストであれ)

すごく参考になったとは言えませんが。
色々考えるタネを蒔いてくれた本でした。

そして服のことをおろそかにしていた最近の自分を反省。
適当な服を着ていると、私は心も適当になってしまうんです。

 自分の気分に敏感になってください。周りの人の反応にも敏感になってください。あるアイテムが自分に似合うかどうか、あなたは本当はすでに知っているのです。ただ内なる声に耳を傾けるだけでいいのです。


(2016.11.12)
引用されていた、ウィリアム・モリスの言葉が大好きです。
この言葉にすべてが集約されていると言っても過言ではありません。
家の中にあっていいのは、あなたにとって役に立つものか、あなたが美しいと思うものだけです。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2975-f36049f0

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 似合う服がわかれば人生が変わる  ジョージ・ブレシア
  • 2016年12月24日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***