Loading…

ブルックリン   コルム・トビーン

Posted by 彩月氷香 on 14.2016 その他 翻訳文学   0 comments   0 trackback
456009022X
白水社
Amazon

一目惚れしたタイトル。

この本に出会った経緯など語ってみましょう。
私はある映画を観たいと思っておりました。
公開前の数ヶ月前から「これはきっと好き!」と予感して。
早々とスケジュール帳にまで書き込んでいたのです。

が。折り悪く、上映している頃は本人も家族も体調が悪く。
最後のチャンスという休日もぐったりと家で伸びていました。

うー、やっぱり行きたい。他の場所で違う時にやってる?と。
京都や神戸の映画館を調べてみました。
結果、京都か神戸は時期が違うので運が良ければ観れると判明。

で、なぜか京都で上映中の別の映画が目に留り。
「なんか、これ、私、すごく好きそう。絶対好きだ!」と。
一目惚れ、でした。それが「ブルックリン」。

でも。日程的に、観に行くのは不可能でした。
妙に悔しく落ち込んだところで、原作があると知る。
きっと、原作もいいに違いない!と確信し。
映画が無理なら、せめて、原作を読むわ!!!と。

さて、ここからが本書の感想。

若い女の子の心理が緻密に描かれている。
賢く、どちらかというと老成しており、感情の起伏は穏やか。
観察力が高く、自分自身を客観視することもできる主人公。
その目を通して描かれる景色は妙に見慣れたものに感じられる。

嬉しくはない「親しさ」。
都会の風景は国や時代が異なっても普遍的であるということなのか、
居場所がないと感じている者の目に映る景色は似るということなのか。

アイーリッシュ(主人公)の物事の感じ方、受け止め方は、
まるで自分のもののようにしっくりと馴染む。
(私のほうが彼女よりも愚かで感傷的ではあるけれど)

自分の手には届かぬものがあると知っている者。
そのことに苦痛はあるけれど、それを諦めて生きると決めた者。
そして「諦める」ことが「負け」とは思わない者。
閉じられた可能性を思い出の中に封印して生きていく者。

そう、訳者さんもあとがきに書いておられたが、
極めて「日本的」とも言える感性が描き出されている。

「読んで良かった!」と、ぎゅっと心を掴まれる小説でした。

(2016.11.23)
観たかった映画とは「シーモアさんと、大人のための人生入門」で。
後日、無事に観ることができました。予感通り、いい映画でした。
ああ。「ブルックリン」も観たかった!!!
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/2977-c9282847

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ブルックリン   コルム・トビーン
  • 2016年12月14日 (水)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***