Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要十分生活  たっく

4479794786
大和書房
Amazon

自分の「必要十分」を知る。

炊飯器もプリンターも掃除機もいらない、と。
著者のミニマリストぶりは相当激しいです。
下着も3枚をローテーション、靴も3足だけ。

「参考にならない」と放り出しそうになる内容ですが。
よく読めば、彼は「俺を真似ろ」とは言っていません。

頭を使って、心地よい「ルール」を作ろう、という提言。
ただ「いかに減らせるか」を考える必要性は説いています。

著者の持ち物紹介にも多くページを割いていて。
ご多分に漏れず、デジタルの申し子&Apple信者の様子ですが。
ペンや紙には案外こだわってらして。

万年筆(ペリカンのスーベレーン)を持ってらっしゃる。
これと三菱の証券用ボールペンを一本。この二本のみって凄い!
ボールペンは高級なものでなく使い捨てのものですが。
書き味を考えたら、間違っていないチョイスです。

デジタル寄りの自分の生活を披露しつつも。
アナログの良さを否定しない一言を必ず添える気配りが伺われる。
そもそも、アナログを愛する気持ちも持っておられるんですね。

なによりも一番、共感したところは。
なぜか、「セダンこそ、車」の一言でした(笑)

ワゴンやコンパクトカーの方が便利なのはわかるのですが。
私も車好きとかではないながらに、車は絶対にセダンだ!と。
なんと言っても、車らしい。車として美しい。
そして、一番大切な「人を運ぶ」役割を必要十分に果たしている。

私自身、自分のもの選びは「車だったらセダン」的だと思っている。
道具においては、単機能で美しいものが好き。
そしてセダンがそうであるように、形が美しいもの。
ただそれは、「無駄がない」というのとはちょっと違う。

シンプルライフを志した日々の中で。
ミニマムなデザインの美しさも知りましたが。
私はもともと切り詰めたデザインより、
大らか、優美、遊び心があるデザインが好きです。

「必要十分」よりは「遊び心のトッピング」が欲しい。
ていうか、そういうものが程よくある状態が「必要十分」。

さて。冒頭で著者がこんなことを書いていました。

「何となくこう決めている」と「ルール」とは違う。
曖昧な決まり事は、隙間から多くのものが漏れて行く。
そしていつしか巨大な山となる。

あ。思い当たります。
私のルールは今も昔も「自分が好きな物」だけ持つことですが。
「好き」の定義がゆるいというか・・・
「好き」の最上級の物だけにしたいのに、
「まぁまぁ好き」を許容してまう。
何が自分の「好き」の最上級かを真剣に突き詰めねば!

あ。脱線しました。本の感想に戻ります。

著者の言葉で、セダンの次(笑)に共感したのは。
「選ばなくてもいいことは一流の証である」というところ。
ごちゃごちゃメニューがあるのではなく、これだけ!という店。
そして、それは生活に応用できるのだ、と。

以下長くなりますが。
私自身が常日頃思っていたことなので、引用します。

 身の周りの物も同じです。多少お金に余裕があったり、部屋にスペースがあったりしても、最高の品だけを持っているべきです。二流品を周りに置くだけで、一流品の価値が間接的に落ちていくのです。具体的には、メンテナンスの頻度が落ちたり、保管方法が雑になったりします。服であれば、クリーニングに出すのが面倒になったり、タンスに詰め込んでシワが増えたりします。さらに、「この服は最近着ていないから着てみるかな」と、たいして気に入っていない服を着てしまい、休日のお出かけを台無しにしてしまうかもしれません。

 品物の値段は一流品を満たす十分な条件ではありません。一流品であるための、必要かつ十分な条件とは、ご自身が惚れ込むことです。物の価値を決めるのはお店がつけた値札ではなく、自分自身なのです。気分が盛り上がらない物は、たとえ高級ブティックで買った服であっても、二流品といえます。逆に言えば、安くても、最高と思うものであれば、それは最高級品になるのです。

 これは物を作る側から見ても健全な環境です。値段にかかわらず、本当にいい物を作っているお店というのは、これから先も残って欲しいものです。壊れた時に修理をして欲しいのはもちろんですが、高い技術はそれ自体が文化ですから、消えてほしくないと素直に思います。私たち消費者がよく吟味して買い物をすることで、いい仕事をしているお店は正当に評価されていくと思います。その点で、買い物は消費だけでなくお店に対する投資の側面も持っていると思います。ぜひ、自分が気に入っているお店を贔屓にしてください。


(2016.12.24)
著者の暮らしぶりは正直、まったく参考になりませんでしたが。最後に引用した箇所を読めただけでも、私には「読んで良かった」本でした。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3000-20ccd5b9

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • 必要十分生活  たっく
  • --年--月--日 (--)
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2017年01月26日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。