FC2ブログ
Loading…
 

2018年9月に観た映画

2018.10.01 映画   comments 0
ccnakimushii.jpg 9/20
泣き虫しょったんの奇跡
★★★★

監督 豊田利晃
2018年 日本
127分

松田龍平
野田洋次郎
永山絢斗


観てもいいか。くらいな気持ちで行きました。
とりあえず、それなりの俳優さんが出演してるみたいだし。
と、思ったら。びっくりするくらいの顔ぶれでした。

上には3人しか載せてませんが。他には。

染谷将太、妻夫木聡、上白石萌音、板尾創路、藤原竜也、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼・・・(これで全部でもない)。

贅沢ですねぇ。
藤原竜也はただの通行人だし。
妻夫木聡もたったワンシーンだけだし。
ほんとに、皆、少しずつしか登場しないのです。

板尾創路、イッセー尾形、小林薫、國村隼。
このあたりの中堅どころも主役級じゃないですか。

俳優の無駄遣い感は・・・まぁ。その割にはないかな。
地味にいい話(実話)で。
演技が下手な人が出てないのは良かった。

才能はあるけど。天才とかではなくて。
その才能も発揮し切れなくて。一度挫折して。
改めて、奮起する・・・というのはね。
そりゃ、ずいぶんと心には響きました。

そんなに泣き虫でもないですよね。
もっと泣く人、世の中にいっぱいいるし。
とにかく、主人公の子供時代の情景が懐かしい。
いちおうもう少し若いんですが。自分と年代近い。

最後の走馬灯シーンはいらないかな・・・
あと、粘土人間みたいにドロドロになるシーンも。
そうゆう小細工って好きじゃない。しかもベタだし。

なんかね。
「頑張り切れない」というのがすごくわかった。
さぼってるんじゃないんだよ。
でもね。必死になり切れてない自分を自覚してる辛さ。

好きなことをやってるのに。
めちゃめちゃ追い詰められているのに。

「頑張れない」のが凡人かな。
天才だから頑張らなくてもいいってことはなくて。
天才って、もの凄く異常に頑張れちゃう人で。
しかも、本人が「頑張ってる」と思ってなかったりする。

凡人のなかでも。才気がある人は。
自分が凡人とは思えないから、辛いよね。
凡人のつもりはなくて、周囲も才能あるって言ってくれて。
でも、本人はちょっと自分の才能を疑っていて。

人並みよりは「かなり出来る」んだよね。
頑張らないわけでもないんだよね。
だけど。中途半端で。それが自覚できてしまう。

精一杯、頑張った末の挫折でないことが。
ほんとに。残酷だなぁと思う。
自業自得かもしれないんだけど。でも、すごく共感する。

だから。よかったなぁ。しょったん。
彼を応援する人がたくさんいたの、わかるなぁ。

私、松たか子がなぜか苦手で。
今回もそれは変らなかったんだけど。
それでも彼女が演じた先生が最高だったわ。

あんな先生に出会えたら、幸せだと思う。

実際は星つけるとしたら、3.5くらいかなぁ。
だけど。良い気分になれたので。ちょっとオマケ。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3015-7b085fd6

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 2018年9月に観た映画
  • 2018年10月01日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***