Loading…
 

雪と珊瑚と  梨木香歩

4041101433

角川書店
Amazon

避けることができない。逃げることもできない。

若いシングルマザー
スローフードな総菜屋兼カフェ
パン屋さんのアルバイト
浮世離れしたオールドレディ

本書の内容をキーワード的にピックアップするといかにも現代的で、少女趣味にも見受けられる。主人公が子供をまったく愛せない母親に育てられた過去を持つという要素が加わり、その印象は一層濃くなる。

だが、ふんわりお伽噺めいた空気の中に、ぎらりと光る鋭い人間観察がある。ああ、見たくない!と呻いてしまうような。やめて!と耳を塞ぎたくなるような。

優しく穏やかな海の、ずっとずっと深いところには、目も退化してしまった巨大な深海魚が大きく口を開けて構えている・・・そんな感じのひたひたと重く静かな怖さがある。

いやいや。もっと鋭く刺さる痛みだ。
いやいやいや、ズキズキとした深く長く続く鈍痛だ。

その痛みは表情が一定しない。感じる側の揺らぎに呼応しているのだろう。痛みの元は自らの中にあり、その自らというのは詳しく言うと「認めたくない自分」である。臆病さか、頑さか、偽りか、驕りか・・・いずれにせよ、自分が「持っている」と知りつつも直視せぬように日々心掛けているものたちだ。

理解出来ない、したくない、融和出来ない、関わりたくない、そんな他者をただ単純に憎めたなら。もしくは視界や脳から徹底的に排除できたら、人生はどんなに楽になるだろう。それができないことが人間の苦悩のうちでも最も大きなものなのではないか。

私自身、人生の大半を少数派として生きてきた。その点が主人公の珊瑚と似ている。「理解されないこと」「孤立すること」をほぼ恐れないところも。

しかし、そうであっても。他者への依存はゼロではない。周囲に打ち解ける努力をしない人間だからこその「目立たない甘え」がある。甘える対象が限定されているし、本人に甘えているという意識が薄い面もある。客観的にも気付く人の少ない「甘え」だ。だが、それを察知する人には激しく憎まれる。

だから主人公に強い「嫌悪感」をぶつけてきたアルバイトの同僚の存在は私にとって自らの現実のように生々しかった。理不尽だと感じながらも、その憎しみが「わかる」のだ。

人と人との関係には結局のところ是も非もない。客観的に見て、どちらかが「正しそう」だという判断はできるが、そのことが当事者を救いはしない。

テーマは、おそらく、ここにある。
娘の育児を放棄した母親を「悪人」と呼ぶことは簡単だが、その母は「母」としてだけ生きているわけではない。娘にとっては承服しかねる事実を、でも主人公は受け入れようとしている・・・のだろうか?

疑問形になるのは。まだ彼女が闘い続けているから。でも。そうすること、そうできることが「希望」なのだと暗示されていると感じた。

(2017.1.31)
「痛み」ばかりを取り上げましたが、「ああ近くにこんなカフェがあったらいいな」「こんな老女になれたらいいな」「わぁ美味しそうな料理だな!」という癒し要素もたっぷりあります。惣菜メニューの命名シーンがほのぼのします。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3051-931fb7b5

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 雪と珊瑚と  梨木香歩
  • 2017年03月04日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***