Loading…

リストマニアになろう!   ポーラ・リッツォ

Posted by 彩月氷香 on 03.2017 自己啓発   0 comments   0 trackback
4864104921

飛鳥新社
Amazon

書き出せば、楽になる?

リストを作ることの効用は。
頭の中に溜め込んで混沌としていることを、
書き出し、整理することで思考が軽くなること。

そういう局面もあると言えば、ある。
しかし、私はリストを作っていると途方に暮れる。

たとえば、どんなリストを作るかということ。
これは著者の提唱するものから書き出してみると。

・やるべきこと
・行きたい場所
・読みたい本
・お気に入りのレストラン
・予定しているイベント
・時間を節約する方法
・ストレスを減らす方法
・旅行プラン

えー。これらのリストを作るとすると問題は。
あるものは「あり過ぎる」
またあるものは「無さ過ぎる」
それ以外のものは「そもそも、わからない」

リストを作る過程で絶望に襲われます。

基本的に私は「欲張り」で。
やりたいことはたくさんあります。
行きたい場所も数知れず。

一方で、多過ぎて無理とわかるので。
実現しないことが当然とも感じる。
そのことが特に哀しいわけでもない。

もしも縁があれば。
できるかもしれないし、行けるかもしれない。
それでいいじゃないか、という感覚が根底にある。

リストの作り方の定番と言えば、これ。
1 ひたすら書き出す
2 整理
3 優先順位を書き出す

優先順位・・・これがまた、わかりません。
いえ、わかりたくないのかもしれない。

成り行き任せに生きていたいようなところがある。
なんだかね、リストを作るのって窮屈だな、と。

理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣
というのが本書の副題ですが、読んだだけで疲れる。

あ、そっか。今、私は疲れているんだな。

リストを作って。
それをこなして行くのは、もはやゲーム。
そこに「詩」や「物語」はないように思うのです。

確かにね。ぴしっと見事なリストを作って。
それに即して行動していけば、効率はよくなる。

でも、著者が言うように。
・心からやりたいことに使える時間をより多く確保できる
・時間ができて、もっと素敵なプレゼントができる
・日々の生活の一瞬ごとが快適で美しくなる

・・・とは、なかなか。行かないように思います。

いえ。いえ。それはリストの作り方の問題で。
リスト自体を欲張り過ぎなければ良いかもしれない。
リスト内容を実現しようと頑張ることよりも。
リストを作る過程で「考える」点が重要なのでしょう。

そうか。私はその「考える」気力が、今、ないのだ。 

(2017.2.5)
そもそも、リストを作ることは好きな方です。
リストを作ることに息苦しさを感じるのは近年の傾向。
結局、リストを遂行するのは自分ですよね。
その自分に対する不信感が強まっているのかもしれません。
遊び感覚でリストを作れば、気分転換になっていいのかも。
どうも、頭の柔軟性が不足気味という自覚があります。

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3058-349ececd

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • リストマニアになろう!   ポーラ・リッツォ
  • 2017年06月03日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***