FC2ブログ
Loading…
 

時のしずく  中井久夫

4622071223

みすず書房
Amazon

好きすぎる、この本。

付箋70枚。
もう、この本は買うべきである。

中井先生の考え方、文章、行動。
ため息しかでないくらい、憧れる。

氏のエッセイは、決して軽くない。
題材がそもそも、重い。
彼が身を置いている環境が重い。

なのに。
読んでいて、ほんとうに心が安らぐ。
このように考え、書ける人がいるということ。

穏やかな表情の奥の鋭い知性。

痒いところに手が届く、というよりも。
さらにもっと深い感じの「あ、そこ!」

たぶん。凡人なら数歩前で止まる。
才ある人でも、一歩届かない。

中井先生は「わかるんだな」と。
ああ、そのことが、ちゃんと「わかるんだ」と。
随所で泣きたくなるほど感動してしまう。

自分では言い表せずにいたことを代弁してくれている。
嬉しいし、ほんの少し悔しい。でも、圧倒的に嬉しい。

厳しいことを飾らない美しい言葉で書く。
その厳しさが途方もなく優しい。

(2017.5.3)
私の読書生活の中でも。
トップクラスの事件と言えるのは。
中井久夫という精神科医の文章に出会えたことです。
何が好きかというと。「知」と「情」のバランスの良さ。
いえ、どちらにも秀で過ぎている超人的な頭脳?
何より、私はこの人の文章が好きです。

関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.10.13 20:24 | | # [edit]
私が今、いちばん尊敬している人です。
みすず書房から全集も出たのですよ。

欲しいなぁと思ってサイトをチェックしましたら。
推薦の言葉が絶賛の嵐でした。

「気品。高雅。透徹。
 この比類のない賢人と同時代を生きられた幸運を慶ぶ。」

・・・とかね。

普通は「持ち上げ過ぎ」と思うのに。
うん、うん、うん、と頷いてしまってました。

ぜひぜひ。読んでみて下さい。
2017.10.14 23:28 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3089-8dca45d4

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 時のしずく  中井久夫
  • 2017年10月12日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***