FC2ブログ
Loading…
 

『醜い日本の私』中島義道

4106035731
新潮選書
Amazon

感受性のマイノリティ? 私も?

あとがきは、一読の価値あり。
しかし、著者は自分を「ヘンな人」というが、
そうではないのではないか・・・と思う。

本書の主題とは外れるかもしれないが。

「治り」たくない。

これは、この本の中の名言。
病あるものは、少なからず病に愛着を持っている。

すべての場合に当てはまるとはもちろん、言わない。
だが、心の有り様に直結している病は治らないのではない。
そう。不思議なことに「治り」たくない。

そのことを著者は上手く表現している。すなわち、

自分の暗い性格に悩んでいるものは、たとえそれを完全に明るい性格に変える薬が発明されても飲まない。肌の色で差別に苦しんでいるからといって、色を変える手術はしない。ほとんどのゲイは「ゲイを治す薬」が出来ても飲まない。

おっしゃる通りで。
私は自分の「暗い性格」に思春期には死にたいほど苦しんだが。
明るい性格になりたいとは、微塵も思っていなかった。

「暗い性格」のまま、認められたいのである。
否、「暗い性格」に苦しんでいる自分は捨てられないのである。
「暗い性格」だからこその自分、と信じているのである。

自分が自分の欠点や弱点と感じるものを。
克服しようと前向きに努力できる人もいるのだろうけれど。
自らの「弱さ」「醜さ」こそを愛してしまうのが人間だ。
そのことを自覚しているかどうかは人によるだろうけれど。

結局、「醜い日本」というのも。
そうだからこそ愛しい、と思えてしまう人間の性から生じる。

本書に張った付箋、30枚あまり。

共感する内容なのに。
読んでいて、不快感が強かった。
切り口というか、語り口というか。

なぜ著者は。
そんなに自分を「マイノリティー」に分類したいのか。

私は別に自分が少数派であることを誇ろうとは思わない。
心の底にその意識がないかと言えば、なくもないだろう。
しかし、声高に語って読者を不快にすることもあるまい。

テーマと、語ろうとしている内容に対しては同意できる。
日本の風景の醜さに関して泣きたいのは私も同じだ。
だからと言って自分の感受性がマイナーだとは思わない。

いや。待て。実はそうなのか?
その可能性を認めることはさすがに私も怖い。

(2017.5.11)
私は表に見える部分がどうあれ。
本質的には「少数派」に属する価値観を持っているかもしれません。
しかし、昔ほどそのことを強く意識しなくなりました。
「隠れ少数派」が実は少なからず存在していると思うのです。
言い換えれば、「隠れている」けれど「少なくはない」。
実感より、価値観の近い人はいるのだろうとぼんやり考えます。
多い少ないが、そもそも問題ではないのだけれど。
自分が大切に思うことを同じく大切に思う人がどこかにいる。
そう信じられることは、私にとって意味のあることなのです。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3090-9af124df

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『醜い日本の私』中島義道
  • 2017年10月18日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***