FC2ブログ
Loading…
 

測量野帳スタイルブック  

4777942589

エイ出版社
Amazon

私も、測量野帳デビュー。

前から、少し気になっていたんですよね、測量野帳。
手帳といえばモレスキン!とモレスキン愛を貫いて来たものの。  
近頃、あの手帳が重く感じるようになりまして。

職業柄と生来の性格から、とにかく荷物が多いので。
なんとか少しでも軽く出来ないか・・・と。
A5ノートにしてみたり、A7ノートにしてみたり、
小さなメモ帳にしてみたり・・・

でも、ピンとこない。

色々試してわかったことがあります。
まず、表紙は厚くないと困るということ。
そこで閃いたのが、測量野帳。
ページ数は少ないけれど、表紙は結構厚め。

値段も安いし、デザインもクラシカル。
どこにでも売っていて、手に入りやすい。

でもなぁ・・・・表紙の緑の色があんまり・・・
同じ緑でも、もう少し深い緑だったら良いのになぁ。
金色の型押しの感じとか、すごくいいのに・・・

これの紺色のがすごく好みなんですが。
中身が「レベルブック」という特殊な罫線なんですよ。

というわけで、実は。
無印の「てのひらサイズポケットノート」を使用中。
これ、「無印野帳」とも呼ばれてまして。
測量野帳にそっくりでありながら、金字の型押しなし、色も黒。

この上なくシンプルな外観で、値段も安い。
なぜか無印では販売されておらず、ファミマで売ってます。

しかし。一冊使い終わりかけた今の状態は。
表紙がボロボロで大変に汚いです・・・

万年筆の筆記に耐える紙質と、サイズ感は良かったので。
次は、本家の測量野帳を使ってみます。
表紙がはどうやら、本家の方が強いそうですから。

あ。肝心の本の中身。
うーんと。えーっと。えええーっっと。あぁ・・・
まったく、おぼえていません。

測量野帳に興味があって、使ってみようかなという人は。
読んでみてもいいんじゃないかという内容だったはず。

あまりにも参考にならない(本の内容ゼロ)記事でスミマセン。
野帳の情報収集の過程で見つけた、ノートレフィルなど、
代わりといってはナンですが、紹介します。

『鯨野雑貨店』の店主である、空魚(そらとと)さん。
なんとも洒落たレフィルを無料配布して下さっています。

http://soratoto.s-cielo.com/refill2_0.html
                       
(2017.5.13)
コラボのオリジナルの表紙が色々ありまして。
そのうちの幾つかは私も欲しい!と思いました。
鯨野雑貨店、PASS THE BATON、山鳩舎×36、などなど。
オロビアンコのもいいですね。
気に入らない緑色、とは言いつつ。
これはこれで、まぁアンティーク調と思い込めなくもない。
ヴィンテージのゴールドのペンとセットで使ってみます。
関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.10.13 20:03 | | # [edit]
そうなんです。万年筆の使用に耐えるんです。
升目・・・小さいですね、確かに。

でも私、無視して、二つか一つ半に一文字書いてます。
で、ひと枡分開けるといい感じです。

手帳選びは難航しています。
モレスキンもボールペンならいいんですけど・・・
2017.10.14 22:58 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3096-605cd1c2

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 測量野帳スタイルブック  
  • 2017年10月04日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***