FC2ブログ
Loading…
 

『書き込み式 筆ペン字練習帳』和田康子

4415031668

成美堂出版
Amazon

のし紙を書くために。

職業柄、のし紙をよく書きます。

書道は10年以上、結構真剣に習いまして。
書道教室を開ける(開かなかったけど)腕前の筈なのですが。
なにしろ、辞めて5年以上経ちますから・・・

時々、苦手な字やバランスの取りにくい字に遭遇します。
し、筆で書くのと筆ペンで書くのは微妙に違います。

で、この本を買ってみました。
ええ。本は借りる派ですが、珍しく買いました!

字がクセがなく、美しいのが何より高ポイント。
楷書が中心なのも、のし紙書きには向いています。

見本の字が私の字よりも汚いってこと、結構あります。
自分の字がきれいだと自慢しているのでなく。
私の字に劣るなんて問題外だと言いたい。

もちろん、好みの問題もあります。
私が汚いと感じる字もいちおう「整っている」。
ですが、「こんな字は書きたくない」と思うような、
悪いクセがあるのですよね・・・

それを手本にしてしまうと、そのクセがうつります。
いいところより、悪いところの方が似やすい。
その点、和田康子さんの字は安心。

私の場合そのまま真似るということはしませんが。
苦手な字がなぜ苦手かを知るのに役立てています。

「御」は一番登場回数の多い文字ですが。
(「御礼」「御祝い」「御誕生日」「御就職」「御退職」等)
私は横に広がり過ぎるというクセがあることがわかりました。
本書の見本では私の「御」よりかなりスマートです。

ただ、私の元々の字の特性から言って。
著者の字ほど横幅を狭くしないほうがいいという結論に到達。

普通は一生懸命なぞって練習する本だと思いますが。
私は変則的な使い方になっちゃってます。

(2017.5.14)
書道を長く習って段位のある人でも。
普段の字は汚い場合が多い・・・とよく耳にしますね。
筆とボールペンとでは別、と。
私はいちおう、どちらも「それなり」です。
別といえば別ですが、別だということを本人が意識して。
その上で「キレイに書こう」とすればキレイに書けます。
さて、筆と筆ペンならば、筆とボールペンよりは近い。
それでも、毛筆の感覚で筆ペンを使うと上手くいかない。
最初「え?私、こんな下手だった?」という字になりました。
これも、結局「慣れ」なんですね。
たくさん書いていると、書けるようになってきます。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3097-98560df8

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『書き込み式 筆ペン字練習帳』和田康子
  • 2017年09月28日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***