FC2ブログ
Loading…
 

人魚の涙 天使の翼  フランチェスカ・リア・ブロック

4072364126

主婦の友社
Amazon

自分を愛せない少女に贈る物語。

何しろ少女の気持ちはだいぶ失っているから。
読んでいると「取り残される」感じがする。

主人公の少女の痛々しさに。
どのくらい共感出来るかで印象は変わるでしょう。

どちらにしても。
私は少女の環境も、その中での彼女の見の処し方も。
どんなに美しく描いても、哀し過ぎて好きではない。

きっと。
この物語が自分のために描かれたように感じられる、
そんな時期もあったのかもしれないな・・・とは思う。

読者をたいへん、限定するタイプの小説です。
カルト的な人気がある、というのは頷けます。

著者の他の作品が
「女の子のためのナイン・ストーリーズ」と呼ばれている、と。
それは何となく、うっすらとわかるような気がする。

でもそもそも、アメリカのローティーンの現実というのは。
セックス、ドラッグ、大量のポップ&サブカル。
今や日本も似たような現実なのかもしれないけど・・・

なんか、しんどいね。
そういう現実を生きている少女を見ているのは。
「読む」という形で疑似体験するだけでも疲れる。
とても、とても、とても・・・

そういえば。
私はサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」を。
それこそ擦り切れるくらい繰り返し読んだのだけれど。
ある時、ふっと。読めなくなってしまったのだった。

人は若い時の、ほんのわずかな限られた時期に。
呪いなのか恩寵なのか、純度の高い絶望に捉われる。

ある種の絶望は、才能に等しい。
もしくは、その絶望を失わないことが才能なのだ。

目出たくそれを失った時には。
もう二度と、思い出したいとは思わないだろう。

それは、その絶望を追体験したくないからというよりも。
その絶望と別れるため失ったものを確認したくないから。

(2017.5.1)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3100-f106185b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 人魚の涙 天使の翼  フランチェスカ・リア・ブロック
  • 2017年10月08日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***