Loading…
 

普通の服を、はっとするほどキレイに着る  佐藤治子

4800259614

宝島社
Amazon

おしゃれの達人。安易にマネると大事故に?

著者はアパレル商品企画のチームヘッドも勤めた女性。
ひとことで言うと、カッコいい。
着こなしはマニッシュでシンプルでかつ、ゴージャス。

おしゃれに関する名言の嵐に襲われます。
いやー。そうですよね、そうですよね、その通りです! 

しっかし・・・財力と根性とセンスと・・・体型がついて来ない。
ええ。私、この人のマネは出来ません。

まず、絶対にこのテイストが似合わない自信がある。
白いシャツとか、白いTシャツとか! 
テーラードジャケットとか!

夏木マリさんを思い浮かべてみて。
アクセサリーなんてなくてもかっこいい。


・・・とかおっしゃいますけどね。
私に夏木マリ要素は皆無ですから!!!

(ちなみに、著者の目指すスタイルは「上品な不良」)

スタイルは参考にならないとして。
おしゃれの心構え、心意気、心掛けは見習えそうです。

以下、ほんの一部、ざくっと、まとめのような引用のような。

トレンドでなく自分のジャストサイズやスタンダードを基準に服選び。

ジャストサイズのメリット
・スタイルアップして見える
・おしゃれに見える
・プチプラでもきちんと見える
・服選びの失敗が少なくなる
・自分に自信が持てる
・長く着られる

歳をとると似合うものが減るが、選択肢が狭くなるのはいいこと。
チャンスと捉える。

自分の光るところを何か一つみつけ、自分らしいおしゃれの出発点に。

自分の「制服」を作る。

ジャストサイズへのこだわりは私もかなりあります。
あるのだけれども、自分の体型が平均からハズレ過ぎてて。
やむなく妥協・・・しては死ぬほど後悔・・・の繰り返し。

本書を読み、もう二度とサイズに妥協しない!と決意。
うぉぉぉ・・・私にジャストサイズの服はどこだ〜?

ま、誰でもはぼ既製では無理なわけで。
著者はリサイズを推奨、それをご自身の仕事とされてます。
しかし、リサイズも何度も失敗してる私・・・

腕のいいリフォーム屋さんが見つかるといいんですけど。


「おわりに」の中の一文が素敵だったので最後に。

 自分だけのパーソナルスタイルを探す旅も安易ではありませんが、あちこち寄り道しながらも楽しいものだと思います。


(2017.3.5)
著者は自らを「マダムH」と名乗ってらっしゃいます。
ブログもあるので、貼っておきます。
⇒madameHのバラ色の人生
しかし、70近いお歳とは恐れ入りました・・・
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3102-9b2a3a00

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 普通の服を、はっとするほどキレイに着る  佐藤治子
  • 2017年07月03日 (月)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***