Loading…
 

意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本  舘神龍彦

4799315846

ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

完璧な手帳はありません。

手帳選びについて著者はまず、そう断言しています。

そりゃそうですよねー。
だから「自作」に走っちゃう人もいます。
私も、ほぼその直前まで行きました。

でも。せいぜい「カスタマイズ」に留めるべきかな。
そこまで労力と時間を注ぐほどのメリットはないような・・・

自分に必要な機能を持った手帳を見つける。
同じものを使い続けて、使い方を安定させる。
それが結局、いちばん効率的。

何しろ、手帳で大事なのは。
どこを見れば何が書いてあるかわかること。

毎年違うのを使っていると。
見たい情報を見つけるのに、モタモタします。
書き込むのも、サクッと出来ない。

手帳に対して「求める」のではなく。
手帳を工夫して「使いこなす」べきなんですね。

だからって、どんな手帳でもいいとまでは言えず。
自分と相性がいいものを見つけた方が快適です。

私は、紙質やサイズ、デザインに比重を置きがち。
使い勝手を犠牲にし過ぎて、失敗します・・・

まずは。
自分が手帳に何を書きたいか。
手帳を書くことで何を実現したいかを熟孝すべき!

私が願うのは。
自由時間を増やすことですね。
疲れているからとダラダラして余暇が潰れるのがイヤ。
時間の使い方が上手くなりたいのです。

下手でもいいやん!と開き直っていつつも。
浪費し尽くされた時間の残骸を日々眺め暮らすのは辛い。
疲労を言い訳にダラけ過ぎの毎日には飽き飽きです。
でも、気合いや決意では、どうにもならない。

というわけなので。
私には急務と言っていいですね、時間管理。

時間など考えずに熱中できることだけやればいい、と。
ずーっとそう思って来たんですけれども。
計画性を持たないと、熱中するための時間も持てません。

あ。本書の感想から、かけ離れてってる〜

正直、もう覚えてないんですが、
(読後のメモを頼りにこの記事書いてます)
どんな手帳を選べばいいか悩む人の助けになるはずです。

手帳とスマホを併用して使ってもいいんですよ。
どちらに、どんな役割を持たせるかさえ決めてあれば。

私もまだまだ試行錯誤します・・・

(2017.3.8)
2018年は、バーチカルタイプに回帰しようかと。
今のところ、有力候補は伊東屋の24時間手帳。
昔、何年か続けて使ってました。サイズもコンパクト。
ただ、老眼気味な私には少々辛い小ささかも・・・

第二候補は、これ!

名画座手帳2017
名画座手帳2017
去年、とある書店で実物を見て一目惚れ。
勢いで買いそうなぐらい、気に入ったのです。
だけど、こっちは少し大きいかな・・・
(制服のポケットに入れたいのですよ)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3105-52bbd9b7

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本  舘神龍彦
  • 2017年08月24日 (木)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***