Loading…
 

毎朝、服に迷わない  山本あきこ

4478069123

ダイヤモンド社
Amazon

センスのいいコーディネートの土台は、普通の服。

誰もが持っている普通のアイテムなのに。
組み合わせでおしゃれに見せる。
すると「センスがいい」と感じる。

著者いわく。
おしゃれなコーディネートに必要なのは。
「センス」ではなく「アイテム」

うーん。普通のアイテムを揃えるのはいいですが。
それをどう組み合わせるかがおしゃれの肝では?
となると、「組み合わせ方」=「センス」でしょ?

あ。すみません。揚げ足取りでした。

著者が思うところの「普通の服」を揃えれば。
コーディネートも簡単、って意味ですよね?

ではでは。「普通の服」はどこに売っているのか。
「普通の服」ってそもそも、どんなものか。

白シャツ・・・またか。
誰にでも白シャツが似合うわけじゃないのに。
ストライプシャツ? やめてー。
白のTシャツもアウト!

著者の言う「普通の服」には異論があります。
ていうか、みんな、同じこと言うんだね。
ま、いいや。で、その「普通の服」はえーと。えーと。

いわゆる「ド定番」「超シンプル」
それも、プチプラ(GUとか、ユニクロとか、H&Mとか)。
安くても、安っぽく見せないお洒落を目指すわけです。

ちょっと待て。
本体を安物かつ、超シンプルにした場合。
小物を工夫しなくちゃ、お洒落にはならん。

小物代にお金かかります。かかり過ぎます!

し・・・商品そのものの質感って無視出来ない。
そもそも。このお洒落はどちら向きなんでしょう?

フリルとレースが敵視されてますが。
世の中にはそれが似合う人もいるんですよ。歳に関係なく。

ていうか・・・まぁ。
どのお洒落指南本を読んでも同じ結論に達するんですが。
「この本で提案されるテイストは私には似合わない!」

お洒落の基本とか、正解って。
無い・・・んじゃないかと思えて来ます。

(2017.4.2)
ファッション指南の本は。
Amazonのレビューを読むと面白い。
賛否両論の「否」の意見の方が特に楽しい。

この本のレビューの「否」は傑作揃い。
怖いくらい鋭い意見が幾つかありました。
私が本気モードでもここまでは書けないなぁ。

穏やかな「否」の中で秀逸なものは。

はっきり書きますと、
これでおしゃれになる人は、
このスタイルが似合う人だけです。


あはは。そうだわ。
そして「このスタイル」が似合う人は多くない、実は。

「自分に似合うもの」を土台にする方が好きだな。
(地曳いく子さんなどは、そちらの考え方)

自分に似合うものを見つけるのは大変だけど。
それを楽しむことがおしゃれに通じるんだと思う。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3110-f427094f

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 毎朝、服に迷わない  山本あきこ
  • 2017年09月09日 (土)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***