Loading…
 

こんなとき私はどうしてきたか  中井久夫

4260004573
医学書院
Amazon

ほんものの、優しさ。

勇気づけられ、励まされ、癒される。
たいせつなことを、無駄のない、しかも温かい言葉で綴る名手。

ああ、いいなぁ。いいなぁ。

ちゃんと「実践」が伴っている人なのだ。
こんなにも卓越した「思索」の人なのに。
見せびらかすことなく、「行動」している。

精神疾患の方たちに関わる看護者たちへの講義録ですが。
職業、立場に関わらず、「ひと」に響く言葉がぎっしり。

氏の言葉は。
どうして、こんなに心にしっかりと届いてくるのだろう。

病院の厳しい毎日に負けて、臨床を離れた医療者です。
しかしこの本を読んで、もう一度気負わずに、現場に戻りたいと感じました。

Amazonのレビューの言葉を勝手に引用しちゃいますが。
それほどの力がある、しかも「優しい」言葉。

思索する人は自戒の念が強過ぎるという印象がある。
中井氏は、よくよく考え尽くしている方なのに、
刺々しさや鬱々とした自虐や自嘲に陥ることがない。

しかし、悔いていることをずっと忘れない。
開き直りもせず、都合の悪いことと葬りもせず、美化もしない。
過大に自分を責めることもしない。

くよくよと悩み続けるのではない、ただ心に刻んで忘れない。
その潔さは、これだけの知性のある人だから可能な技だろうか。
いや。人柄だ、と言ってしまうのもあまりにもつまらなく。

本人が心掛けているという「プロ的エレガンス」が。
生き方に沁み透っている、というのがまだ近いかもしれない。

引用しても引用しても足りないほど、引用したくなる。
・・・ので、今回は自粛します。

(2017.6.21)
中井氏の本は、読み終えるといつも、付箋だらけ。
買えばいいと思いつつ、どの本も高いのが難点。
しかも。古本屋ではまず、見つかりません。
でも。コツコツと。買い集めるのも楽しいかもしれないな。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3139-fc632d8d

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • こんなとき私はどうしてきたか  中井久夫
  • 2017年11月15日 (水)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

***