FC2ブログ
Loading…
 

煽動者  ジェフリー・ディーヴァー

4163905405
文藝春秋
Amazon

マンネリとの闘い。

キャサリン・ダンスのシリーズより。
やはりリンカーン・ライムのシリーズが好き。
リンクしてるので、こちらも気が向けば読みますが。

主人公のキャサリンは美人で有能だけど、心に傷がある。
ライムの相方のアメリアとちょっとキャラが被ります。

キネクシスという、体の動きで感情を読むという、
彼女の特殊能力がこのシリーズの魅力なのですが。

うん。まぁまぁですね。

ディーヴァーらしく、どんでん返しもあり。
犯罪者の異常性もいつも通り。
安心して読めるエンターテイメントです。

あれ。本作はハーレクイン要素入ってます?
キャサリンの恋愛模様が、けっこう御都合主義的。

ま、なんだかんだ言っても。
ジェフリー・ディーヴァーは安定感あります。

うん。マンネリは認めざるを得ないけど。
かなり健闘してると思うなぁ。
夢中で読むほどではないけれど。普通に面白い。

(2017.9.22)
しかし、犯罪の理由も。最後のどんでん返しも。
実は「読めた」んですよね・・・
ディーヴァーのパターンは、もう大体わかる。
吃驚できないのは残念。
ていうか、殺人のテクニックがかなり怖い。
現実にあり得なくもない気がしてくる。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3177-fa968b5b

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 煽動者  ジェフリー・ディーヴァー
  • 2018年02月05日 (月)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***