FC2ブログ
Loading…
 

オーウェル評論集  ジョージ・オーウェル

4003226216
岩波文庫
Amazon

評論集って、こんなに面白かった!?

とにかく。面白くて。
オーウェルの小説にはさほど魅力を感じなかったのに。
なんだ、なんだ、この評論集の楽しさは。

強い。優しい。明確。
読んでいる間、頭がぐるぐる回った。
回転の速いとは言えない私の頭が猛スピードで。

なんだかね。なんだかね。
脳が刺激されるわけなのです。

オーウェルの意見に賛成だとか、反対だとか。
納得するとか、しないとか。
そういうのを超えたところにある文章です。

カッコいい!

こう言える、こう書ける、ここに気づける。
鋭いとは言えるけれど、才気走ってるわけではない。

対象に接しているのではなく、深く切り込んでいる。
読みながらずーっと。ずーっっと。唸ってました。

個人的には。
「チャールズ・ディケンズ」が面白かった。
自称英国文学好きの私なのに、好きではないディケンズ。
それが何故なのかが、初めてわかりかけた。

わかった、とまでは言いません。
すごく大きなヒントを貰いました。

「好きになれない」ものには、当然理由がある。
その理由が明確でない時こそ、それは重大な理由で。
ええ。自分の性分が隠し持っている弱点もしくは特徴。

この話は長くなるので割愛させて頂きますが。

キーワードは「階級社会」です。
そもそも。私の好きな文学の背景には「階級社会」がある。
その存在の是非は問題ではなく、それが「在る」事実が問題。

その「在る」ものをどう判断し、どのように対峙するか。

私はディケンズの立ち位置に違和感を持っているのですね。
欺瞞を感じとった、と言ってもいい。
ただそれは「気配」でしかなく、証明は出来ません。

オーウェルの評論を読むと。
目から鱗が降るくらいの勢いで、そのことがわかりました。

でもね。オーウェルはどの評論でも。
すごく公平で。自分に都合の良い書き方をしていない。
だから読者も、一方的な考え方から一歩引いて物事を観れる。

読者に「可能性」を持たせてくれる評論です。
様々な方向から、様々なことを考えさせてくれる。

ああ。「考える」って。こんなにワクワクするものだったっけ。

取上げられている内容と。全然別のところに思考が飛ぶことも多く。
飛んだだけでは足りずに、ふらふら彷徨っていくのですが。
その散歩が楽しくてならない・・・そんな評論集でした。

政治的な方面は。正直、私の得意分野でなく。
やはり。文学に関することの方が頭が働くのは致し方なく。

でも。また。読もう。何度でも読もう。

(2017.9.22)
この本を薦めてくれた友に深く感謝。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3193-21e9001e

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • オーウェル評論集  ジョージ・オーウェル
  • 2018年02月15日 (木)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***