FC2ブログ
Loading…
 

クラシックは斜めに聴け!  鈴木淳史

2018.03.17 音楽   comments 0
4787273957
青弓社
Amazon

タイトルにつられて(?)斜めに読みました。

鈴木氏の毒舌の大ファンな私ですが。
本書はじっくり読もうと言う気持ちになれず。
適当に、飛ばし読み気味の斜め読みで読了。

なんだろう・・・本の構成のせいかしら。
妙に読み辛かったんですよね。

鈴木氏が推すディスクがマニアックなのは毎度のことながら。
Amazonで検索しても出て来ない盤が目白押しとは凄い。

表示されるCDも品薄過ぎて法外な高値になっていたり。
誰一人としてレビューを書き込んでいなかったり。
さすがに、買うのは不安になるCDたちです。

私はクラシック好きとも言えない程度にしかクラシックを聴かず。
好みも著しく偏っている・・・という段階の初心者。
いえ。初心者のまま、何十年と音楽の時間が止まっているのです。

それでも。好きな曲や演奏や、演奏家や指揮者はぽつぽつある。
これは遠い過去に「勉強」のつもりで聴き込んだ遺産。

文学もそうですが。
音楽も、かつて「名作に一通り触れよう」という、
自己啓発キャンペーンが繰り広げられておりまして。

中古CDを買い、図書館でCD借り、名盤紹介の本を読み、
そうそう、コンサートにも年に数回行っていました。

クラシックを聴かなく(聴けなく)なった時期があり。
その10年以上の空白ゆえに。
クラシックオタクには、なりそびれました。

数年前からは、聴けるようになりましたが。
手持ちの愛聴盤を時々、プレイヤーに載せる程度。
あ。NHKのクラシック音楽館もたまに見ます。

今更ながらに。
聞き漏らしている名曲や名演を聴こうと思い始めたのは。
孤独で長い人生になりそうな気がしてきたからで。

そんな人生の友として、読書だけでは心もとなく。
音楽もやっぱり、必要だよね・・・と。

ええ。根っからの音楽好きとは言えないのです。
音楽がなくても、たぶん、充分、生きていける。

それでも。逃げ場所というか、鎧というか。
読書が私の庭だとしたら。音楽鑑賞はなんでしょうね。
たまに出かける憩いの場所ですね。

いや。週一か、月二くらい通う趣味の習い事かな。
ま、行かなくてもいいし。困らないし。
というよりもむしろ、余分な出費なんだけれど。
そういう暇つぶしが必要なのが人生だ、と。

ああ。こりゃ、真の音楽好きさんには叱られそう。

でも。その程度の「必要」ではあっても。
やはり音楽は「不要」ではないのです。

クラシック病の鈴木氏の思考についてけるわけもない。
あ、思考っていうより、嗜好かな。

それでも。あまりにも「ザ・王道」の名演ばかりでもねぇ・・・
変化球や反則技も面白いんじゃないかと思って。

濫読派の私としては。
音楽も選り好みせずに色々聴いてみたい気持ちがあります。
というわけで、とりあえず、沢山メモを取りました。

(2017.11.13)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3196-22133c19

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • クラシックは斜めに聴け!  鈴木淳史
  • 2018年03月17日 (土)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

***