Loading…
 

カールの降誕祭  フェルディナント・フォン・シーラッハ

4488010504
東京創元社
Amazon

静かな、怖さ。哀しさ。怒り。

殺人者が必ずしも、残忍きわまりない人間ではないことは。
少しの想像力があればわかることです。

残忍極まりない犯行を一見普通の人ができるということも。
昨今の陰惨なニュースを観ればわかることです。

だからと言って。
その心の中までも理解できるとは言えないでしょう。
正直、あまりわかりたいものでもないでしょう。

シーラッハの作品を読むと。
それがわかる、というわけではありません。
でも。なんとなく、腑に落ちる。

殺人者自身が「悪」であるというよりも。
殺人者を生み出した背景が「悪」である・・・いや、そうでもない。
うん、そういうことでは、ない。

ともかく。それは個人だけの問題ではなくて。
だからといって。殺人者を庇うつもりもないのだけれど。

社会の中に燻っている「悪」と。
それに背中合わせの「哀」が見える。

人間の哀しさの、ひとつのカタチとしての殺人。
私は違う方向に発するだろうけれど。
同じ哀しさは持っているなと思うのです。

繰り返しますが。
殺人者を擁護するつもりはまったくありません。
それは著者にもないでしょう。

けれど。ヒトラーユーゲント指導者を祖父に持つ著者が。
過敏に感じるであろう「罪」の意識は常に作品に生きている。

その表現方法が、素朴を装った洗練という型であることに。
なぜだかとても、魅力を感じるのです。

大声や、派手な宣伝文句や、
くだくだしい韜晦は聞き飽きた・・・というだけかもしれないけれど。

シーラッハの言葉の静かさがお腹に響いてきます。
なんだろうな、胸じゃなく、腹って感じがするんだな。

そしてやっぱり。ちょっと怖い。

(2017.11.18)
デビュー作の「犯罪」ほどの感動や衝撃はありませんが。
それでも現存する作家としては注目している存在です。
生きている作家にあまり興味を持たない私には珍しいこと。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3211-2f51d784

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • カールの降誕祭  フェルディナント・フォン・シーラッハ
  • 2018年04月15日 (日)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***