FC2ブログ
Loading…
 

君主論  ニッコロ マキアヴェリ

2018.04.16 哲学   comments 0
4122040124
中公文庫BIBLIO
Amazon

人間て・・・人間て・・・しょせん性悪?

マキャヴェリズムという言葉は知っています。
もちろん、マキャヴェリといえば「君主論」というのも。
しかし・・・読んだことはありません。

ま、興味がそもそもなかったわけですが。
なぜか、ふっと。読んでみようという気になりました。

マキャヴェリズムって。
要は、成果のためには手段を選ばないってことよね?
自信がないので。Wiki先生に訊いてみました。

どんな手段や非道徳的な行為も、
結果として国家の利益を増進させるのであれば許されるという考え方

わー。怖い怖い。非人道的!
でも。まぁ。国を動かすってそういうもんなんだろうな。

過去に読んだ塩野七生の「マキアヴェッリ語録」は。
めちゃめちゃ面白くて、なんかカッコよかったんだけど。
なんでだろう、本家である本書はあまり心に響いてこなかった。

「マキアヴェッリ語録」の感想はこちら
http://raffiner.blog70.fc2.com/blog-entry-1467.html#cm

私の読み方が浅いのかもね。
さらーって読むと。やはり反感涌くよね。
自分が切り捨てられる側の人間だと感じるからだろうな。

私、もともと。国単位の物の考え方は苦手なんだな。
だから、歴史小説も苦手なんだな。
・・・ってことを、今更のように思い出しました。

もっとじっくり、ていねいに読むと面白い気がします。

まぁ。とにかく。
時代背景と彼の立場を考慮しないとね。
戦争が当たり前の時代であると考えれば容認できます。

そして。戦争は避けなければならない現代でも。
彼の主張が生きる面は少なからずあるでしょう。

私の人生においては活かす場面は無さそうです。
国のためだから、許されるというか、アリなのであって。
個人のためにはやれないことですし。

いずれにせよ。
結果のためには手段を選ばない生き方はしないな。
良くも悪くも、そこまでして達成したいことはないな。

以下、引用。
(共感はまったくしないのですが・・・)


要するに、加害行為は、一気にやってしまわなくてはいけない。そうすることで、人にそれほど苦汁をなめさせなければ、それだけ人の憾みを買わずにすむ。これに引きかえ、恩恵は、よりよく人に味わってもらうように、小出しにやらなくてはいけない。

 しかし、人が現実に生きているのと、人間いかに生きるべきかというのとは、はなはだかけ離れている。だから、人間がいかに生きるべきかを見て、現に人が生きている現実の姿を見逃す人間は、自立するどころか、破滅を思い知らされるのが落ちである。なぜなら、なにごとにつけても、善い行いをすると広言する人間は、よからぬ多数の人々のなかにあって、破滅せざるをえない。したがって、自分の身を守ろうとする君主は、よくない人間にもなれることを、習い覚える必要がある。そして、この態度を、必要に応じて使ったり、使わなかったりしなくてはならない。

 ゆえに、君主はけちだという世評など意に介すべきではない。それは、領民の物を奪ったりしないためにも、自己防衛のためにも、貧乏になって見くびられないためにも、仕方なく強欲に走らないためにも、そうするべきなのだ。これは、彼が支配者の地位にとどまるうえでの、一つの悪徳なのだ。

 たほう、人間は、恐れている人より、愛情をかけてくれる人を、容赦なく傷つけるものである。その理由は、人間はもtもと邪まなものであるから、ただ恩義の絆で結ばれた愛情などは、自分の利害のからむ機会がやってくれば、たちまち断ち切ってしまう。ところが恐れている人については、処刑の恐怖がつきまとうから、あなたは見離されることがない。

 要するに、君主は前述のよい気質を、なにからなにまで現実にそなえている必要はない。しかし、そなえているように見せることが大切である。いや大胆にこう言ってしまおう。こうしたりっぱな気質をそなえていて、後生大事に守っていくというのは有害なのだ、と。たとえば慈悲深いとか、信義に厚いとか、人情味があるとか、裏表がないとか、敬虔だとか、そう思わせなければならない。また現実にそうする必要はあるとしても、もしこうした態度が要らなくなったときには、まったく逆の気質に変わりうる、ないしは変わる術を心得ている、その心構えがなくてはいけない。

 しかしながら、われわれ人間の自由意志は奪われてはならないもので、かりに運命が人間活動の半分を、思いのままに裁定しえたとしても、少なくともあとの半分か、半分近くは、運命がわれわれの支配にまかせてくれているとみるのが本当だと、わたしは考えている。


(2017.11.22)
この人、ホント、人間を信じてないのね。
だけど、投げやりなわけでもないし。面白い人ですね。
私は大好きな「自省録」の著者、マルクス・アウレーリウスを、
彼が褒めていたので気を良くしました(←単純)


関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3213-cf6009c8

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 君主論  ニッコロ マキアヴェリ
  • 2018年04月16日 (月)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

***