FC2ブログ
Loading…
 

芸術家の愛した家  池上英洋

4767822556
エクスナレッジ
Amazon

やっぱりW・モリスの家が好き。

「役にたたないもの、
 美しいと思わないものを
 家に置いてはならない。」

有名なウィリアム・モリスの言葉。
まぁ、彼は理想家というか夢想家で。
矛盾が散見されるわけですけれども・・・

他には今は美術館となっているモローの家もいい。
唸る程ぎっしり、額で埋め尽くされた壁、
ブルジョワ風の家具たち、煌びやかな食器。
華美とも言えるのに、居心地が良さそう。
螺旋階段がものすごくお洒落。

ルノワールの家も明るくていいな。
彼の以下の言葉とも呼応するような家。

「私に取っては、絵画というのは愛らしく、喜ばしく、かわいらしいものでなければならない。そう、かわいらしくなくては! この世にはただでさえ悲しいことがあふれているのだから、私たちまでがそれを増やす必要はないのだ」

もっとも、私はやはり少し「闇」が欲しいな。
あまり明るいのはかえって、落ち着かない。

セザンヌの家は、いかにも画家のアトリエという風。
仕事をする部屋という感じが素敵です。
私は作業場の風景というものが好きですが。
これはとても美しい作業場ですね。
住まいというより、仕事場の要素が強い感じ。

もちろん、他にもたくさん載ってます。
写真もきれいだし、添えられた文章もよくまとまっている。
西洋の絵画好きには、とても楽しい本です。

(2017.11.29)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3214-244bddc6

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 芸術家の愛した家  池上英洋
  • 2018年04月17日 (火)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

***