FC2ブログ
Loading…
 

ほめそやしたりクサしたり  高島俊男

447939060X
大和書房
Amazon

「記事本末」・・・マネしてみよう!

記事本末って何かって言いますと。

重要な歴史的事件を選んで項目を立て、
それぞれの事件の経緯を時系列に沿って叙述する形式。

とか言われると。個人には関係ないと思うわけですが。
高島氏は自分の日記に応用しているそうです。

たとえば。
「病気」という主題で一年ないし数年の日記から記事を拾う。
どういう症状だったか、どの病院へ行ったか。
医者はどういう人で、何を言い、どんな薬をくれたか。
そして、その後の経過なども引き写しておく。

これは、すごく役に立ちますよね。
他に「電気器具の買い物」「テレビで見た映画」など。
あと「もらった手紙」「投函した手紙」でもいいし。
私だったら「訪れた展覧会」とか。

これも、やり過ぎると墓穴を掘る感じもしますが。
項目に沿って出来事を振り返れるのはすごく、いい。

今私が後悔しているのは。
過去に行ったコンサートの日付けを記録しなかったこと。
日記を探せば書いてあるには違いありませんが。
数十年分を振り返るのは至難の業・・・

あとは。
森鴎外記念館を訪れた際の話なども面白い。
引用についての怒りも非常に共感。

引用と名乗りながら人の文章を勝手に書き直すという大罪。
私も許せません。まさか書物上でも行われているとは!

自分が無類の引用好きであることは自覚していますが。
一字一句、句読点にいたるまで原文どおりに引用しています。
急ぐと「だれか」を「誰か」と書いてしまったりしますから。
うっかり自分の書き癖に変換しないよう気をつけています。

書くこと、読むことが好きな人には楽しい本です。
なるほどなるほどと感心したり、ええっと驚いたり。

(2017.12.9)
今年、著者の本を3冊読みましたが、すべて知人からの頂きもの。
おそらく、勧められなければ読むことはなかったでしょう。
3冊のうち、私はこの本がいちばん好きです。
以前読んだ2冊の方が、著者の頑固さが強く出ていたからかも。
毒舌は好きな私ですが、意固地は苦手なのです。
自分にもそういうところがあるからだと思いますが・・・

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3220-5fb71c33

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ほめそやしたりクサしたり  高島俊男
  • 2018年04月27日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***