FC2ブログ
Loading…
 

気持ちいい暮らしの必需品  柳沢小実

2018.04.29 モノ   comments 0
4479782575
大和書房
Amazon

好みは違うけど、程よいさっぱり感。

著者にとっての必需品が載っています。
こざっぱりして実用的な物が多い。
安物でもないけれど、やたら高級でもない。

全体的には好感が持てますが。
私の好みからすると、現代的過ぎ&カジュアルです。

それでも、気になったものたちは。

キッチンワイプ(スポンジワイプ)
 ・・・台拭きや雑巾に良さそう。

食パン
 ・・・イトキト、ペリカン、濱田屋
(ペリカンは食べたことある。美味しい!)

小岩井ヨーグルト
 ・・・これ、大好き。
 でも節約で普段はビヒダスかブルガリア。

ナルゲンの水筒
 ・・・これ、ものっすごく良いの。
 毎日会社に持参してます。

竹の茶こし
 ・・・気になる。使ってみたい。

フランスのジャスのお皿
 ・・・パープルの色、実物を見てみたい。好きかも。

山田耕民のスプーン
 ・・・これも一度チェックしてみよう。


あとは。著者のモノ選びの基準は好きですね。
以下、引用&メモ。

 長く使うものが合わないと大きなストレスとなり、かといって買い替えるのも面倒です。だから「残るもの」ほど手近なものですまさずに、じっくり探します。ケチらず、手ごろなもので妥協しない。まわり道のようで、実はその方が断然経済的です。

 全く使っていないのに家に何十年と置いてあるだけのものとさんざん繰り返し使って使い切ったものとは、どちらがものの寿命をまっとうしたといえるでしょうか。だから長く持っているからよいとは一概には言えません。むしろ、使い切ったと実感することを大事にしています。

 「捨てる」という行為は、何を捨てたかではなく、どのようなものが残ったかが実は重要です。

 必要なものだけを残す取捨選択は、雑多な中から必要なものを拾い出す作業で、残ったものがこれからの自分にふさわしいのです。そして、残したものを基準に次のものがこれからの自分にふさわしいのです。そして、残したものを基準に次のもの選びをすると、少しずつ身のまわりが洗練されます。

 自分の定番を見つけるためには、似合う色や丈、袖丈、胸元のあき具合、身幅などのデータをできるだけたくさん集めることが大切。

 好きな物が多くても、何を選ばないかははっきりしている。
 著者はシルバーやプラチナのジュエリーは選ばない(肌色に似合わない)
 暖色系の強い色は身につけると落ち着かないから選ばない。
 ほんの少しの違和感を見逃さずにいることが「私らしさ」になる。

 ものを選ぶときは以下の三点だけおさえる。
 ・色のトーンを合わせる。
 ・柄を多用しない(大きな柄はアウト)
 ・素材を統一(木やガラス、天然素材)
 
あちこちからさまざまなものを集めてきて、一見雑多だけどなんとなく私らしい。そのような統一感に憧れています。

買い物上手な人というのがいます。彼らは普段はお店でじっくり見ているだけ。もしくはめったに見に行かないから多くは買いません。でも、これだ!と思ったらちょっとくらい高くても即決で買う。その潔さ、迷いのなさに憧れます。

(2017.12.4)
好みは私と違うのですが。意外と参考になるセンスの人。
食器棚は、超!素敵!これは羨ましい。こーゆーのが欲しい。
(アンティークです)

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3221-808e7e00

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 気持ちいい暮らしの必需品  柳沢小実
  • 2018年04月29日 (日)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***