Loading…
 

ポー名作集  エドガー・アラン ポー

4122053471
中公文庫
Amazon

なるほど、なるほど・・・

読んだような気になっているポーですが。
よく考えたらオリジナルは読んでいません。
そういう人、意外と多いのではないでしょうか。

いぜん運良く、古本屋の百均棚にて本書を発見。
いつか読もうと思って寝かせてありました。

読み始めてまず感じたのは。
あれ・・・理屈っぽい。
そして。非常になんていうか男性的。

ポーって男性の方が好きじゃないでしょうか?
勘違いか偏見かもしれませんが・・・

ミステリーの元祖と言われますが。
人間性の「闇」の面に非常に興味が強い作家という印象。
ああ。それは現在のミステリー作家にも共通しますよね。

しかし。怖い。
怪異が怖いというよりも。
作者の心に広がる闇の大きさが伝わってきて怖い。

特に「黒猫」。
ポー本人が本当にやったことじゃないかと思えてくる。

ポーが抱えていたであろう「狂気」の濃度にゾッとする。
しかし、それを極めて理知的に描ける頭脳を持つ人でもある。
だから高く評価されているのでしょう。

私は好きではないんだな。苦手なんだな。
狂気にも様々なタイプがあって。
ある種の狂気には親近感を抱くのだけれど。
ポーの狂気は、微かに袖を擦るくらいかな・・・

じわじわと。やはり。まぁ。
なんか凄いよと思えては来るのですが。

破滅型の人生を送る人の道連れになりたくないな。
別に足をひっぱられるというわけでもないのだけれど。
わざわざ不快極まりない闇の底を覗きたくはない。

そう思わせる力量があるってことでもある。

はからずも。
私の根が驚くほど健全な養分から育っていると知らされた感じ。
ちょっと。残念というか、悔しいというか。

(2017.12.25)
「悪」や「残酷」「冷酷」ということには共振できるのだけれど。
「グロテスク」の要素は、昔からどうも生理的にダメです。
丸谷才一氏の訳も、作品との相性はイマイチな印象を受けました。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3230-9f3d84b9

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • ポー名作集  エドガー・アラン ポー
  • 2018年05月11日 (金)

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***