FC2ブログ
Loading…
 

幸いなるかな本を読む人  長田 弘

2018.06.05 長田 弘   comments 0
4620318930
毎日新聞社
Amazon

詩で綴る書評。

長田さんが良き読書人であることは知っていました。
それにしても・・・これは、これは。
詩で読書感想が書けちゃうなんて、さすが。

とりあげているのは、以下の25冊。

・梶井基次郎「檸檬」
・プラトン「ソクラテスの弁明」
・「荘子 内篇」
・尾崎一雄「美しい墓地からの眺め」
・プーシキン「大尉の娘」
・「エッダ」
・カント「永遠平和のために」
・深沢七郎「笛吹川」
・「アラビアンナイト」
・アウグスティヌス「告白」
・アンデルセン「雪の女王」
・ベンヤミン「ベルリンの少年時代」
・中島敦「悟浄出世」
・ホーソーン「人面の大岩」
・モンテーニュ「エセー」
・オヴィディウス「変身物語」
・ニーチェ「暁光」
・夏目漱石「草枕」
・「春香伝」
・カフカ「日記」
・フォークナー「エミリーへの薔薇」
・ゴーゴリ「書簡」
・スピノザ「エティカ」
・鴨長明「方丈記」
・ポエティウス「哲学の慰め」

いや。読んでますねぇ。
私が読みそびれている名作たちもチラホラ。
硬派ですね。読み込みがまた、深くて。

正直・・・深堀り過ぎて難しいくらいで。
それは。題材となる本を読んでいないせいもあるのかも。

どうだろう・・・今からでも読むかな?
もう今さら読まないかな?

読みまーす!と軽々しくは言えないラインナップ。

とても易しいことばで詩を綴る人なのに。
いえ。だからこそなのか。
易しいとは言えない書物を噛み締めるように読み、
じっくりじっくりと咀嚼して、味わいの秘密を分析している。

うん。読書のグルメだな。
ホンモノの味のわかる人。

かっこいいし。
なんか、悔しいし。
羨ましいし。
憧れるし。

(2017.1.11)
共感しました、なんて見栄は張りません。
正直、よくわからない詩もありました。
でも。長田さんの本の「読み方」が大好き。

読書は正解をもとめることとはちがうと思う。
わたしはこう読んだというよりほかないのが、読書という自由だ。

そう! そう!! そう!!!
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3249-395516ea

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 幸いなるかな本を読む人  長田 弘
  • 2018年06月05日 (火)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***