FC2ブログ
Loading…
 

すべてがFになる  森 博嗣

2010.07.21 森 博嗣   comments 2
4062639246
講談社文庫
Amazon

「綾辻行人、法月綸太郎、我孫子武丸、有栖川有栖が絶賛!!」
というコピーからして、だいたい内容の傾向は予想できるというもの。

何というか・・・人工的。
本格ミステリには違いなく、トリックの鮮やかさには驚嘆させられるが、
現実離れしすぎの感は否めない。

著者が工学部助教授というだけあって、ハッタリでない知性が窺われる。
デジタル化する現代社会を、徹底的に肯定する登場人物も新鮮。

絶対に解けっこない!というパズルも魅力的だが、
個人的には主人公萌絵の嫉妬の対象が、いちばん面白かった。
(ネタバレするので詳しく語れません)

殺人者の冷酷さ、ドライさ、それを容認できる犀川先生の道徳観、
・・・は少々恐ろしいほどだが、その周囲に哀しさは漂っている。
不思議と、哲学的な味わいもある。

ヒロインの萌絵は好きになれないが、犀川先生のキャラクターはいい。
それだけでも続編を読んでみようという気になる。

(2000.4.6)
その後シリーズも何作か、それ以外の森博嗣作品も読んでるはず。
近年、ご無沙汰過ぎて、思い出せませんが。
また読んでみたい気もしますが、ミステリ路線が続いているので、
私の読書も、そろそろ方向転換しようかと思案中・・・。
なので、森博嗣氏と再会するのは、当分先になりそうです。


こんにちは。
萌絵さん、たまに違うシリーズにも出てますよね。
あたしは紅子さんが出ているシリーズが好きでよく読んでましたが
同じく最近は遠ざかってます。
いきなり素数が当たり前のように会話に出てきた時はかなりドン引きしてしまいましたが(^-^;)
2010.07.21 13:46 | URL | igaiga #JyN/eAqk [edit]
理系のアタマを持たない人間(言うまでもなく私は超・文系です)には、
不必要に思える小難しさが満載ですよね、森さんの作品。
でも、そのわからなさが単純に格好良く思えるという、
なんともオメデタイ人でもあるので、実は、まるっきり理解してないまま、
フンフンと調子良く、うなづきながら、読んでました・・・。

紅子さんのシリーズは読んだことないんです。
萌絵さんよりは共感できるキャラなのかしら?
森さん、女子を描くの下手な気がするのは私だけでしょうか。

2010.07.21 23:08 | URL | 彩月氷香 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/325-2f5305d1

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • すべてがFになる  森 博嗣
  • 2010年07月21日 (水)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

***