FC2ブログ
Loading…
 

『マチネの終わりに』平野啓一郎

4620108197
毎日新聞出版
Amazon

恋愛小説・・・のはずですけれど。

いえ。正真正銘、ベタな恋愛小説でしょう。
著者のイメージには「恋愛」はなく。
かえって面白いかなぁ・・・と読んでみたのです。

実は。デビュー作と、二番目の作品を読み。
駄目だこりゃ、と読まなくなった作家。

美しい日本語って言われてましたが。同意出来ず。
美しげな言葉で書いた内容のない小説と断定。

まぁとにかく。好奇心で読み始めた本作。
心理描写が丁寧。細やか。わかりやすい。心に響く。
加えて、読み心地がいい。

主人公の男と女。
私は女の方に感情移入できませんでした。
女性全般に嫌われそうなタイプですね。

ふたりの恋路に邪魔が入る。
これが・・・「昼ドラですか?」な陳腐な展開。
思わず、本をぶん投げそうになりました。

でも。たぶん。私が歳をとったからなんでしょう。
昔だったら怒り狂ったであろう人や出来事が「許せる」。

言ってしまえば。
こんなもんだよね、と納得出来る。

恋愛って。
好きだから好きだ、好きなんだから仕方ないだろー!
・・・と突っ走るのが、ザ・王道でしょう。

愛しているから「引く」というのもありますけれど。
ていうか。その方が実は多いかもしれませんけど。

引き過ぎているんですね、この小説の二人。
そこに親近感かつ、リアリティを感じます。
突っ走らないのは極めて現代的。

恋愛が全てに優先していない二人でもあって。
自らの「生き方」「使命」「目的」「役割」ということを。
日々、真面目に考えている。だから恋愛に振り切らない。

そこがすごく共感できる。

この人が疑いもなく「運命の相手」だとわかっているのに。
その「運命」は諦めるべきものと思ってしまう。

しかし、別れのきっかけだけは。
なんか他に方法がなかったかな?
昼ドラ展開にしないでも、描けなかったのかな?

主役の男と女は。とにもかくにも「主役級」の人材で。
脇役は「どう転んでも脇役でしかない」人材で。
そのことを傍役自身に自覚させ語らせる残酷さは、上手い。

心模様の織り方が好きですね。
とても、美しい模様です。
恋愛というものがあってもなくても良かったような・・・
特に、恋模様に私は見惚れるということはなく読んでいました。

感想は難しくて。

十分に好きだけれど。
何かが違えば、もっと好きになれたかもしれないと感じさせられる。
だからと言って、それを「惜しい」と言い換えるのも安易なような。

うん。でも。
私がかつて思っていたよりずっと。
平野啓一郎という人は「書ける」という印象とともに。
ちょっと、興味も湧いてきた・・・かな。だな。

同世代観、みたいなのは、意外とある。
すごく、真面目な人なんだな、きっと。
そして、残念ながら。この人の「底」はそれほど深くはない。

(2018.1.30)
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3273-417cadfb

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『マチネの終わりに』平野啓一郎
  • 2018年07月02日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***