FC2ブログ
Loading…
 

棲月 隠蔽捜査7  今野 敏

2018.02.16 今野 敏   comments 0
B079HMNCXW
新潮社
Amazon

竜崎中年の成長物語。

主人公の竜崎は自信家で石頭で超自己流かつ正義派で。
これだけの要素が揃えばふつう、勘違い野郎か、無能だ。
もしくは有能ではあっても、いずれ自滅する。

そうとは見えなかったけれど。
竜崎は自滅したかもしれなかったんだと今、思う。

長いモノには決して巻かれない彼は。
自分のやり方、考え方が正しいという揺るがぬ自信がある。

正論だけど、それを言っちゃあ、駄目でしょう!
あああああ、そこはテキトーに誤摩化しときましょうよ!

・・・と部外者は余計な心配をするわけですが。
本人はビクともしてないし。ちゃんと通るんですよね、主張が。

彼の信念が通用するのは、読者にとって誠に痛快ですが。
実際にはありえない、夢物語でしょう。

その信念というのは。以下のとおり。

警察官は国民のために働いている。
立場に関係なく自分の能力を最大限発揮するべきだ。
そのためにも常に最も合理的な手段を選んで仕事すべきだ。

・・・という、誠にシンプルなもの。
でもそうはいかないのが世の中ってもんで。

しかし、竜崎にはむしろそのことが「わからない」。
だから、「変人」と呼ばれるわけです。

凡人が「負け」てしまうこと、「曲げ」てしまうこと。
それらと正々堂々勝負して勝つ。それが竜崎という人。
改革者としてのヘンな力みもなく、スタスタ無駄な事を変えていく。

だけど有能過ぎるがゆえに、彼にも「わからない」ことはある。

彼が何がわからないかをひとことで言えば。
「他人の心」・・・とくに「凡人の心」
本人が否定しようとも、彼は一種の「超人」ですから。

それが。大森署の署長を勤めているうちに。
いつの間にか少しずつ、少しずつ、わかってきた。

そのことを本人は「俺は駄目になった」「感傷的になった」
・・・となぜか気に病んだりしていますが。
周囲の指摘通り、彼は「学んだ」「成長した」のですよね。

そして。その学びの成果を抱いて。
いよいよ、次のステージへと進みます。

うん。そうか。そうだったんだ。
これは、竜崎という変人中年の成長物語だったんだ。
だから私はこのシリーズが好きなんだ。

(2018.2.12)
ミステリーとしては御都合主義だと言われても仕方ない。
ストーリーに緊張感もないし。予定調和的だし。
犯罪のタイプを現代的に仕立ててはあるものの、底が薄い。
事件よりも人間ドラマを楽しむのが正解でしょうか。
その点も良くも悪くも安定し過ぎている観も否めません。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3278-0c94b1ef

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 棲月 隠蔽捜査7  今野 敏
  • 2018年02月16日 (金)

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***