FC2ブログ
Loading…
 

『アノスミア』モリー・バーンバウム

4326750510
勁草書房
Amazon

喪失ゆえに学んだものの価値

著者はある日、交通事故で嗅覚を失う。

手足を失ったり、視力を失うことに比べ、
その喪失の悲劇性は薄いようにも思える。

しかし。彼女はシェフ志望で。
猛烈な修行中だったのだ。
嗅覚を失うことは、夢を失うこと。

でも。彼女はブラウン大学卒の秀才。
頭も良ければ、ガッツもある。行動力もある。

読む側も胸がギリギリするような絶望のさなか、
彼女は「香り」を学習して身につける努力を始める。
どんどん、その分野の一流の人に会いにいく。

一流ブランドの香りも作成している調香師、
大手香料会社の着香料開発の主任、
食品用着香料の開発者・・・・そして。

あの! オリヴァー・サックス博士!!!

手紙を書いてみたら、会えることになったって!
まぁ。そんなことってあるのかしら。

著者の好奇心・探究心の強さと行動力には驚かされる。
夢を失ったのみならず、生活の彩りも褪せた日々、
その苦しさが原動力に転化したのだろうか。

一個人の切実な願い(嗅覚を取り戻したい)からの探求は、
学者の学術的好奇心とは視点も熱意も切り口も異なる。

それだからこそ、「嗅覚」の謎や魅力が読者を魅了する。
わくわくするような発見、興味、疑問に次々襲われる。

同時にそれは。
著者モリーの回復のための歩みに同行することでもあって。
失ったものゆえに、研ぎ澄まされる感覚の瑞々しさに打たれる。

副題は「わたしが嗅覚を失ってからとり戻すまでの物語」。

けれど。モリーが失ったのは嗅覚だけではなかった。
そして。モリーがとり戻したのも嗅覚だけではなかった。

人間の能力というか、要素というか、精神というか、
生物としての構造は掘れば掘るほど深いことを知らされる。

体と心が明確に分けられたりしないのは自明のことだが。
それにしても。それにしても。
精妙なような、デタラメなような、不思議な織物だ。
体と心はどちらが縦糸で横糸なのだろう・・・

(2018.3.10)
モリーがであった人々の言葉も興味深い。
以下の引用は、そのうちの一つ。
共感したというより。ああ、なるほどと思って。
キリスト教圏において無神論者であることの立ち位置に。


「わたしは無神論者です。神様なりなんなりの『神秘』がないと世界の美しさに感じ入ることもできないなんて、そんなばかな話があるか、というのが無神論者の発想です。真にすばらしく、真に畏れるべきなのは、美しいものそれ自体であり、美を理解しようとする人間の努力です。香水はこの百年、売らんがためのごまかしゆえに、ほんとうの姿が見えなくなっていました。おかしな話です。芸術はありのままに受け止め、理解するようにすれば、その美はいや増すばかりなのに」 
   
        香水評論家 チャンドラー・バーの言葉。


「★★★★★」 また読みたい本

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3287-bde79fab

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『アノスミア』モリー・バーンバウム
  • 2018年07月14日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***