FC2ブログ
Loading…
 

『着かた、生きかた』  地曳いく子

4800254612
宝島社
Amazon

おしゃれは偏食でいい

そうですよ。
おしゃれ下手な人ほど、似合わないものを無理して着てる。

いくら、それが好きであっても。
似合うように努力を重ねていても。

見る人は「努力賞」をくれたりしない。
ただ、「似合わない」という結果しかない。

気に入っていて、素敵でいられて。
自分の生き方、志向に合っているファッション。
これをみつけるしかないんです。

それが「楽」な方に流れると、それもおしゃれでなく。
ただ、「だらしない」だけになってしまう。
コンフォートゾーンの「ちょっと上」を常に目指す。

スゴく同意。賛成。異議なし。
でもね。著者の基準はものすごく厳しいんですよ。

・出先で突然、大好きなスターに会ったときにサインをもらいに行けるくらいの服
・コンビニで近所のおしゃれライバルに会ったとき、こちらから声をかけられるくらいの服

ええーっ。無理無理無理。

著者は「ボトムアップ」ということを指針としている。
つまり、上ばかり見ず、下を切り捨てていくということ。

自分の中に「下」があると、それに全体がひっぱられる。
上に飛び上がろうとする前に「減点」要素を減らせ、と。

これはファッションに限った話ではもちろん、ない。
うん。よくわかる。一流の人は自然にやっているだろうな。

ファッションに例えれば。
ダサい服を捨てずにいて、つい時々着てしまったりすると。
「おしゃれな日もあるけれどダサイ人」になってしまう。

悪い印象って、強く残るんですよね。

で。要注意なのは。
心が落ちているときこそ「上」を見ること。
こういうときは、低い方に引っぱられがちだから。

ああ、わかる。
ファッション以外の部分で、心当たりがバシバシある。
痛いわ・・・

あと。ここんとこも膝を打ちまくった。

おしゃれとは、そもそも「ムダなもの」。
ムダを省きすぎると装いはつまらない。
ただし、やりすぎ、不自然は避ける、野暮になる。

「おしゃれな人」ではなく、
「おしゃれを頑張ってる人」っていますよね。
ホントのおしゃれとは野暮なことをしないことなんですね。

うわぁ・・・みちのり遠いわ。

抽象的な話が続きましたから、具体例をちょっと。

何かに投資するというのはいいそうです。
頑張って良い服だか小物だかを買う。

そのためには切り詰めることが必要で。
切り詰められるものは、あなたにとって不要なものです、って。
うん。そうかもね。

投資する対象を間違うと悲劇だけど。
ま、不要品があぶり出されるだけでも価値あり。

あとは。長く使っているものに着目する。
これに気付けばアイテム選びにまとまりが生まれる。

著者の場合は、
・シンプルなもの
・ロックなもの

じゃあ私は何かな・・・
・クラシックなもの
・繊細なもの

ちょっと暫定的というか、適当かも。
でも、方向としてはあってるでしょう。

ゴツいものや、モダンなものをここに加えると、
迷走することは間違いナシです。
ついつい手を出しますが慎みましょう。

生き方も結局、「偏食」を貫いたもの勝ちかもね。

(2018.2.2)
地曳さんのファッション指南は哲学的で。
タイトル通り「着かた」のみならず「生き方」のヒントになる。
「着る」ことと「生きる」ことの距離は人それぞれでしょうけれど。
間違いなく、私は著者ほど近くないと思います。
だからこそ、ファッションが負担にならないように、
「自分なりのおしゃれ」を確立したいと考えています。
関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3300-f779554a

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『着かた、生きかた』  地曳いく子
  • 2018年07月23日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***