FC2ブログ
Loading…
 

『これからの暮らし方』  門倉多仁亜 吉谷桂子 西村玲子 吉川千明 李映林

4767816947
エクスナレッジ
Amazon

タニアさんの祖父に憧れる。

どの方の暮しぶりも素敵です。
でもやはり。タニアさんかな。参考になるのは。

片付けもインテリアも、まず「どう生きたいか」。
そこを真剣に考えれば「要る物と要らない物」の選別もできる。

あと。家の中でどこかちょっとでも使いにくいと感じたら。
それを解消するために何かしら対策を講じる。

今使いにくいってことは。10年後にはもっと使いにくい。
あと20年どう生きたいか、を考えるようにする。

そんな彼女のお手本は。なんと90歳で1人暮しの祖父。
整理整頓を徹底し、「家が心地よいこと」にこだわっているそう。

あらゆるものにそれぞれしまう場所が考えられ、出しっ放しゼロ。
そして、家事の負担を減らすために家電は積極的に導入している。

いやぁ。痺れます。

タニアさん関連の記事はネット上にたくさんあります。
ちょっと以前のですけど、ひとつ貼ります。


suumoジャーナル
連載 モノを減らしてスッキリ暮らす
[2] 物はなくても何とかなる、門倉多仁亜さん


実はこの連載がなかなか秀逸でして。

タニアさん意外にも。
佐々木典士さんとか、佐原美和さんとか。
片付け本の作者さんの暮しぶりが見れます。

ぐるぐるっと回って。
やはり私の持ち物はまだまだ多過ぎる・・・となり。

でも。物が少ないのが正しいわけでもない!と反発し。
折り合いのつく地点がみつかないまま、物は減ったり増えたり。
管理出来る量の物は持っていいと思いますが。

それを上回っている・・・でしょうね。

晩年の自分ということを考えると。
今の半分でもまだ多いのかな。

(2018.2.19)
文房具が弱点で。ペンがごろごろしています。
安物は持たないと決めて以来。順調に減っていたのですが。
気がつくと、高級な部類のペンが増えていました。
万年筆4本、ボールペン7本。まだ増えそう。
安いペンでも使い切ってから捨てており。
幸い、使い切ることにかけてはプロなのですが。
高いペンは使い切っても捨てられない。
売りに行く・・・しかないでしょうね。いずれは。
ノートもぞっとする量ですが。これは使い切ってみせます。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3308-b6192f82

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『これからの暮らし方』  門倉多仁亜 吉谷桂子 西村玲子 吉川千明 李映林
  • 2018年08月15日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***