FC2ブログ
Loading…
 

『清陰星雨』中井久夫

4622048191
みすず書房
Amazon

3年ぶりの再読。

前回の感想はこちら。
→http://raffiner.blog70.fc2.com/blog-entry-2316.html

著者の本で初めて読んだのが、この随筆集。
読み終えてすぐ、また読みたいと思いました。

優しい語り口、何気ない言葉のなかの厳しさ。
凄い人だな、素敵な人だな、いい文章だな。

ぎらり、でも、きらりでもない、静かな光。
著者の心の繊細さは随所に感じられるけれど。
声高な叙情性や感傷とはまったく無縁。

知が情によって甘くなるということがない。
そこが氏特有の「鋭さ」で。
平易で明快であっさりとした言葉で語られるが。
よく読めば、息が止まるほどに厳しい内容だったりする。
特に社会の趨勢を読む眼力は透徹している。

なぜ。この人はこれだけのことが理解できたろう。
そして、それをこのように語ることが出来るのだろう。

この著作を皮切りに、何冊も読んで来ましたが。
改めて、畏敬の念を覚えました。
憧れの人なのですが。ちょっと怖さも感じました。

他人にたいして、とことん優しく。
そもそも、その眼差しの優しさが同時に極めて論理的で。
ゆえに、読む側の意識も澄んでくるようなところがある。

中井先生と同年代の知人が。
なぜ表立った活動をしなかったろうとおっしゃいました。
中井先生が語らずして語っていることは並外れている、と。
これだけの見識が世に出ず埋もれていることが惜しい、と。

限定された範囲でのみ、有名な人ですものね。
私も知らずに長年生きて来ました。
ほんとうに、もったいないことだったと思います。
もっと早く知っていたら、どれだけ心が救われたでしょう。

穏やかで、どんな時も品位を保ち、感情的にならず、
しかし、心の奥深くまで響いてくる文章。
専門分野(精神医学)について書いてもそれは変らない。

この随筆集は氏の著作のなかでは易しいといえます。
『神戸新聞』に連載されたものをまとめたという性質上、
時事問題に絡めた内省、観察、洞察、思い出、などが主な内容。

もっとも、難しいことを語る時にこそ氏の知性と、
その知性が掘り下げた思想の深淵を提示する手並みが、
読み手の頭と心を活性化する面白さとなるのでもありますが。

なんでもないことを語るような様子で。
人間の暗闇に切り込んでくるような。
それでいて、その刃が不思議と読み手を傷つけない。

影を見落さないけれど、いえ。というよりも。
氏が光を当てるから影も生まれるのだけれど。
その影が描く模様がおどろおどろしくはない。

こんなに様々な物事が「見える」人は。
絶望のあまり、前にも後ろにも進めなくなりそうなのに。
この人は淡々と着実に(でも凡人からみれば超人的に)歩み続ける。

タイトルは著者が名づけたものではないそうですが。
この詩的な響きの言葉から受ける印象どおりに、
静かで爽やかでしっとりして明るくて。陰もあります。

読むのは二度目なのに。
挟んだ付箋は数え切れないほど。
その中からひとつだけ。

 さりとて私は予言を好まない。「自己実現予言」というものがある。予言という行為がその実現性を高めてしまうことである。ある銀行が危ないといえばそれが取り付け騒ぎを起こさせ、ほんとうに銀行が倒産する率が高まる。日本の運命にだって同じことが起こらないとはいえない。船が大揺れの時は冷静を心がけなければならない。しかし、それは沈没の可能性に盲目であれということではない。ただ、順風の時にこそ、それを思わなければならなかったはずだった。


引用しませんが、この後に続く文面は痛烈です。
それが哀しみにも、罵倒にも、皮肉にも聞えない。
あくまでも冷静に、見解を語る。

それが高みの見物でなく、著者自身の痛みも含むことは。
さらりと読んでしまうと気づかないことかもしれない。

(2018.2.25)
精神医学の分野で権威と言われる人物ですが。
若い頃にポール・ヴァレリーの研究者になるか、
それとも医者になるのか、かなり迷ったというだけあって。
医者らしからぬ(というと失礼かもしれないけれど)面があり。
ある意味、とてもユニークな人だと思います。

こちらにも氏の本が取上げられています。
私がまだ読んでいない作品ですが。
→松岡正剛の千夜千冊 中井久夫 分裂病と人類

多くの指摘と示唆が盛りこまれていて、これを読むぼくの自己像がまたひとつ脱皮させられていくような共鳴をおぼえたものだ。
 このような共鳴は中井さんの本を読むたびにぞくぞく感じてきたことで、そこからは多くの文明的な視点がそのつどもたらされていた。中井さんの著作には、たいていその力があった。このような文明的な俯瞰力は、残念ながらというか、遺憾ながらというか、ミシェル・フーコー(545夜)か中井さんからしかもらえないものなのである。

「文明的な俯瞰力」・・・それです、それ。
どの著作にも通じる中井久夫の魅力の最たるもの。

実はフーコーを読んでいないので。
そろそろ何かしら手にしたいと思います。

しかし正直に白状しますと。
松岡正剛氏の書評全体は何が言いたいか不明です。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3311-348d73be

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 『清陰星雨』中井久夫
  • 2018年08月24日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***