FC2ブログ
Loading…
 

『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』  弓・シャロー

B071NDV2QB
扶桑社BOOKS
Amazon

目新しい一着より、似合うに勝るおしゃれなし

ときめくものだけシンプルに。暮らしのセンスアップ86の秘訣
・・・と副題にあります。

86って、また中途半端だなー
あえて100じゃなくして印象に残るようにしてるのかな。
「ハロー」って読めるから? 語呂合わせ?

それはともかくとして。
おしゃれな女性に違いありません。

この人のスタイルが好みかどうかで評価は割れそう。
都会派でお金がある人向きです。
まぁでも。ナチュラル全盛のなかで貴重かも。

「すっぴんはナチュラルでなくただのものぐさ」と言い切られ。
ご本人のお化粧もかなり濃いめ。アイメイクばっちり。
メイクタイムはしっかり30分かけてらっしゃるとのこと。

リッチな女性ですよね。
テンペラ教室に通い、趣味にバンバンお金を使い、
週に一回整体へ行き、友人とショッピングにランチ、カジノも!

でも。参考になるところもあります。
この方、身長152cmで体重45kgだそう。
割と私と体形が近いですね。

私の方が3cmだけ身長が高くて。
体重はだいぶ少ないですけどね。

自慢か!自慢だ!自慢には自慢で対抗!
ま、レベルの低い闘いではあります。
見たとこ、似たような、ちんちくりんだと思う。

うん。顔もこの方、小さくないし。
洋服が着映えしない体形ですよねー(自分も)
それなのに頑張ってると思う。

だから、きっぱりショートカットだし。
メイクが派手なのも、わかる気がするし。
スカートを履かないという徹底ぶりも凄い。
スニーカーも履かないそうですよ。

よくあるパターンで。
私にこのスタイルは似合いません。
私だったらむしろ、パンツは一切履かない方がアリ。

参考にしてみたいと思ったのは。
他の本でも見たことあるかもなんだけど。
「ファッション断食」ですね。

自分のクローゼットにあるものだけで、
どういう着こなしができるかを考えて。
そのコーディネートで出かける。

ほめられたものをその中から5パターン選ぶ。
これで素敵なコーディネイトが5日分できる。

ま。人に褒められるような服装が、
5パターンもできるかは大いに疑問ですが・・・
持ってるなかから知恵を絞るって大事だなと。

私も過去にやったことがあるんです。
毎日服を着替えなきゃならなかった時。
工夫すれば、意外とコーディネイトできるもんです。

服装と住まいと本人とが似合ってる。
それだけでも私は著者を尊敬します。

以下に引用した著者の言葉どおりなのが理想なんだな。

 フランスでは「女性の装いを見れば、彼女の生活のすべてが分かる」といわれます。着ている服を見れば、どういう家に住んでどういう家具に囲まれて・・・それこそ食器棚のお皿1枚までも想像できてしまう。それぐらい好みが一貫しているということです。

日本では、そういう女性少ないですよね。
ファッションはシックなのに、家の中はキティちゃんだらけとか。
全身ユニクロなのに、ヴィトンのバックとか。
服装がフェミニンなのに、インテリアが男前とか。

ま。ギャップも面白いけど・・・
美しくはないよね・・・

芸術家は好みが一貫してますから。
やはり、美の感覚が抜きん出てると。
自分と自分の身のまわりがチグハグは耐えられないはず。

私は。ずっと。ここんとこを頑張ってるんですけど。
どうも気が多いせいか。たびたび脱線して。

今は一応、それらしい一貫性へと集約されつつある途上。
フェミニン風味のクラシカルエレガンスっぽいところを目指してます。
シャビー寄りの。ちょっとフランス風とイギリス風が混じった感じの。

まぁ。トラディショナルとフェミニンが綱引きしてましてね。
バランスを取るのが難しいんですよ・・・

だけど。今風にシンプルなカジュアルだけはあっさり捨てました。
あと、モダンね。モダンもすっごく好きなんだけどなー。
モード風が実は似合う顔と体形らしいです。

私らしさは、ごちゃごちゃ、ふわふわしたとこにある、と。
どどーんと開き直ったのです。

着こなしが難しいと言われようとも花柄を着るぞ!
定番中の定番アイテムと言われてる白シャツは着ない!
ボーダーのカットソーも着ない!

(2018.3.30)
わー。憧れ!と感じる人と。
なに、この自慢女!と反感抱く人と。
どっちも正解だと思います。
私はどちらでもなかったんですけど。
いいと思うところもたくさんあったし。
真似しようとは全然思わないところもあったし。
よくある型にハマってないところが良かったです。
「79歳のパリジェンヌ」は伊達じゃありません。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/3324-5e10aff9

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』  弓・シャロー
  • 2018年09月21日 (金)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***